名前からもわかる葉のカタチが特徴のピーチネックレス

こんにちは。

今回は、先日購入した、名前からもわかる葉のカタチが特徴のセネキオ属の多肉植物「ピーチネックレス」をご紹介します。

ピーチネックレスは、同じセネキオ属のグリーンネックレスと見た目の雰囲気がとても似ています。

しかし名前からもわかるように、葉の形状がどこか桃のようなカタチをしていることが特徴です。

そのかわいい葉のカタチから人気があり、UCHIでも以前から育ててみたいと考えていて、時季的にも良いタイミングで購入することができましたので、早速手に入れたピーチネックレスをご紹介します。

今回の目次

  • ピーチネックレスについて
  • ピーチネックレスの育て方
  • UCHIのピーチネックレス

 

ピーチネックレスについて

ピーチネックレスはセネキオ属の春秋型の多肉植物で、以前ご紹介しましたグリーンネックレスと見た目の色合いや育て方などが似ています。

 

そして似ているピーチネックレスとグリーンネックレスの明確な違いは、葉のカタチです。

グリーンネックレスの葉は丸型のカタチをしていますが、ピーチネックレスは冒頭でもご紹介したように桃のようなカタチをしています。

またピーチネックレスにも光を取り込む半透明の窓があり、この窓が縦に入っていることで、より桃を連想させるような印象があります。

 

見た目がかわいいピーチネックレスは比較的育てやすく、丈夫な品種のようですが、高温多湿な環境は苦手ですので、注意が必要です。

また葉にしっかり水分をため込む性質があるようですが、根が乾き過ぎると枯れてしまうようです。

そこで水の管理は置き場所や季節に応じたポイントを早めにつかむように心がけたいです。

 

それでは基本的なピーチネックレスの育て方をご紹介します。

 

 

ピーチネックレスの育て方

ピーチネックレスは遮光された日当たりを好み、風通しの良い場所を好みます。

高温多湿は苦手なので、そのような環境にならないよう注意が必要です。

 

日当たり

直射日光や強い日差しは避けるのが無難ですが、比較的日当たりを好みますので、遮光されたような柔らかな日が当り、風通しのよい場所がおすすめです。

 

水やり

春と秋は土が乾いたら水をたっぷり与え、夏は高温多湿が苦手ですので乾かし気味にし、冬も基本的には乾かし気味にします。

ただし、夏と冬の休眠期も水分が少な過ぎると枯れてしまうので、夏は夕方など涼しい時間に水を与え、冬も葉の状態などを見て水を与えるようにします。

 

冬越し

室内で日当たりのある場所なら無難に冬越しができます。

 

増やし方

春と秋に挿し木や株分けで増やすことができます。

 

それではUCHIのピーチネックレスをご紹介します。

 

 

UCHIのピーチネックレス

しっかりと管理されていたようで、きれいな緑色の葉をしたピーチネックレス。

この写真のように鉢(ビニールポッド)から垂れるように伸びた茎がオシャレで魅力です。

 

 

全体的にグリーンネックレスと色合いや雰囲気が似ていますが、やはりこのカタチは個性的で別品種と気づくことができます。

 

 

葉はある程度の大きさまで生長すると、葉の中心よりやや下の方に膨らみも出て、名前から想像がつくように桃を連想させるようなカタチをしていてとてもかわいいです。

 

 

ピーチネックレスの葉にも光を取り込む半透明の窓があります。

この窓が縦に入ることで、より桃のような印象になっていると思います。

 

 

新しい葉が増え、大きく生長しようとしています。

この時点ではどちらかというと、桃を連想させるカタチではなく、細長いカタチをしています。

 

 

またピーチネックレスは元気な証なのでしょうか、伸びた茎から気根が出てきています。

植え替え時にこの気根の少し上の方でカットして挿し木にします。

 

 

ピーチネックレスも多くのセネキオ属の多肉植物と同様に春と秋が生育期です。

そこでなるべく早めに今植えられているビニールポッドより大きめの鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

またピーチネックレスの植え替えをする場合は、その様子もお伝えしようと考えています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

14日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければ、このブログをシェアして頂けると幸いです。