桃太郎の株分けと植え替えと想定外

こんにちは。

今回は、2日前にご紹介しましたエケベリア属の多肉植物「桃太郎」の株分けと植え替えをした様子をご紹介します。

桃太郎は春秋型の多肉植物なので、植え替えや株分けをするのに今がちょうどよい時期です。
やっと手に入れた桃太郎ですので、慎重に作業し、葉挿しの準備も同時にしたいと考えていましたが、少し想定外もありましたのでその様子をお伝えします。

今回の目次

  • UCHIの桃太郎
  • 桃太郎の株分け
  • 桃太郎の挿し木
  • 桃太郎の葉挿しの準備
  • 株分けして植え替えた桃太郎

UCHIの桃太郎

UCHIの桃太郎は2019年4月5日にご紹介をしました。

 

このご紹介の中でUCHIの桃太郎はすでにビニールポッド一杯の状態で、さらに三つの株に分かれている様子もお伝えしました。

桃太郎はエケベリア属の春秋型ということで、ちょうど今が生育期です。
株分けや植え替えにはとてもよい時期ですので、ここは思い切って今後の生長のことも考え桃太郎の株分けと植え替えをしたいと思います。

またこの作業の際出来れば、葉挿しの葉をとり、葉挿しの準備もしたと考えています。

 

まずはご紹介からまだ2日しか経過していませんが、今の様子をお伝えします。

 

かなり窮屈そうな様子は変わりありません。

 

 

特にこの真ん中の株は大きな株に挟まれ、早く株分けを望んでいると思います。

それでは桃太郎の株分けと、植え替え、葉挿しの準備の作業を始めます。

 

桃太郎の株分け

今回はこちらの100円ショップの素焼きの鉢で作ったリメ鉢と、手を加えていない素焼きの鉢に植え替えます。

 

 

 

まずは作業台へ移動して、桃太郎をビニールポッドから抜き出します。

 

 

土は少し湿っていましたが、簡単に抜き出すことができました。
もっと根が張り巡っていると考えていたのですが、そのような様子はありません。

 

 

手始めに根をほぐしながら、古い土を取り除きました。

 

ここからが大変でした。
想定外もあり慎重に作業をして、何とか株分けの作業をしました。

 

 

そしてこちらが株分けをした桃太郎です。
大きな株は時間がかかりましたが、それなりに株分けは出来たと考えています。

想定外は真ん中の小さな株です。

 

これは株というより脇芽が生長したもので、根が生えているような株ではありませんでした。
この状態では植えることは出来ませんので、下の方の葉を取り、茎をもう少し出すように手を加えます。

また、株分け最中こぼれ落ちた葉が根をを出して、小さな株になっているものもありました。

 

桃太郎の挿し木

根が生えていないですが、茎(ピンクの丸の部分)が確認できるので、この部分をもう少し伸ばす作業をします。

作業内容は下の方の葉を数枚葉を取り除き、植えやすいようにもう少し茎を出します。
また取り除いた葉は葉挿し用にしたいと思います。

 

 

茎をもう少し出そうかと悩みましたが、これぐらいでいいかと考え止めました。
後は少し乾かして土へ植え(挿す)ます。

 

 

そしてこちらが、茎を出すのに取り除いた葉です。
ポキッと理想的に取り除くことが出来た葉と、感触が悪くグニュとした感触で取った葉があります。

ポキッと取れた葉は成功率は高いですが、グニュとした感触の方は少し難しいと思います。

 

 

桃太郎の葉挿しの準備

先ほど株分けしたときに落ちた葉と、数枚葉挿しように取った葉もあります。
ただ大きな葉を取るとき、グニュとした感触のものが多かったので少し心配です。

 

こちらが葉挿し用に取った全ての葉です。
結構な枚数になりましたが、どれだけ成功するか楽しみです。

 

 

後は、他の葉挿し用の葉を並べている日陰において根が出るのを待ちたいと思います。

残るは株分けした桃太郎の植え替えです。
植える作業はそれほど難しくないので、スムーズに植える作業は終えました。

 

株分けして植え替えた桃太郎

それでは植え替えを終えた桃太郎をご紹介します。

 

無事植え替えを終えた桃太郎です。
まぁまぁな出来栄えです。

 

 

桃太郎と鉢に少しゆとりが出来ました。
大きく元気に生長してほしいです。

 

 

少し広がっているのは、しっかり日当たりを確保して水を与え育てているときれいな形状になることは、同じエケベリア属の多肉植物「ピンクザラゴーサ」で経験をしています。

また近いうちにきれいなカタチになったピンクザラゴーサの様子もお伝えします。

 

そして少し乾かした挿し木用の桃太郎も植えました。

 

 

乾かす時間が少し短いかもしれませんが、何とか根付いてもらいたいです。

 

 

こちらも鉢には十分なゆとりがあります。
挿し木にした桃太郎もうまくいくことを期待します。

 

 

そしてこちらが、自然に葉が落ち根と葉が生えた桃太郎の葉です。
根は機能していなさうですが、葉は元気な様子なので、葉挿しの要領で植えたいと思います。

 

 

植え替えで余ったプラスチックの鉢に植えました。
こちらもうまく根付いてくれることを期待します。

 

これで桃太郎の植え替えの作業は完了しました。
今回は予定していなかった、桃太郎の挿し木も経験できました。

 

植え替えた桃太郎はたっぷり水を与えました。
たっぷり水を与えてたので、塗装していない素焼きの鉢は水で色がかわっています。

数日室内の日が当たらない場所で様子を見て、その後に窓際の日の当たる場所へ移動させようと計画しています。

 

 

今回は想定外のこともあり、桃太郎の植え替え、挿し木、葉挿しの準備を経験できました。
無事植え替えた桃太郎もしっかり根付いて大きく生長してくれることを期待しています。

また、今回作業した桃太郎に変化がありましたら、その様子をお伝えしたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

60日後の様子をご紹介します。