葉の変色が気になるマッサンゲアナ

こんにちは。

今回は、人気のドラセナ属の観葉植物「マッサンゲアナ」の葉が変色してしまいましたので、その様子と原因に対処した様子をご紹介したいと思います。

※今回はお食事中にはそぐわない写真もあります。

今回の目次

  • UCHIのマッサンゲアナ
  • マッサンゲアナのお手入れ
  • マッサンゲアナの育て方
  • お手入れしたマッサンゲアナ

 

UCHIのマッサンゲアナ

UCHIのマッサンゲアナは 2018年10月1日に購入してIKEAに鉢カバー入れリビングに飾った様子をご紹介しました。

 

このご紹介ではIKEAで購入した木製の質感がいい鉢カバーに入れて意気揚々とご紹介していましたが、それから3ヶ月半が経ち、冬ということもあり一部の葉が変色してしまいました。

 

それではまずマッサンゲアナの現在の様子をご紹介します。

 

 

全体的には健康な葉が多いのですが、写真でお分かりになるように茶色く変色している葉も目立ちます。

 

 

変色した部分を拡大すると、葉の先が茶色くそこから徐々に変色していことがお分かりいただけると思います。

 

 

そして奥の葉は茶色く変色したり、黄色く変色したりしています。

これには様々な原因が考えれるようです。

 

ざっくりとした原因ですが、

①寒さ

②日照不足

③水が多い、または少ない

④害虫や病気

⑤風通しが悪い

⑥栄養不足

⑦根腐れ

などこの7点が主な原因だと思います。

 

そこで今回は、少しでも状態を改善するため、UCHIのマッサンゲアナに簡単なお手入れ(変色した葉の除去)をしたいと思います。

 

 

マッサンゲアナのお手入れ

まずはこのように枯れた葉から除去しました。

ここまで変色した葉はもう機能していないと思いますので除去して問題がないと思います。

 

 

葉をかき分け、わき芽の枯れた部分を除去してみようと思ったのですが、この場所は風通しも悪く育ちにくいと思いますので、これは挿し木にしようと考えカットしました。

 

すると何やら米粒のようなものがありました。
※もうお分かりの方もいらっしょると思いますが、お食事中の方はご遠慮くだ

 

 

白い虫が・・・
調べてみるとたぶん植物などによく発生する害虫の「カイガラムシ」のようです。

 

この場合早急な対策が必要のようです。

今回はこの一匹を見つけたので、他の葉を一枚一枚調べ見つけては駆除を繰り返し、結果的に数匹生息していることが確認できました。

 

今後の対策はやはり薬剤を使うのが確実ではないかと思います。

 

カイガラムシは葉の養分を吸汁して成長するので、このままにしておくと最悪の場合は株自体まで枯らしてしまうようです。

 

今回葉が黄色くなったり、茶色く変色したのは日照不足も原因としてある思いますが、カイガラムシの影響も大きいと思います。

 

またカイガラムシが一度発生してしまうと、きっちりと駆除や今後の対策をしないと翌年もまた発生してしまうようです。

またこのカイガラムシの発生条件としては、室内で育てていて風通しが悪い場所、薄暗い場所などで発生しやすいようです。

 

そしてこの状況は以前ご紹介しまたユッカにも同じような対策が有効かと思います。

 

 

残念ながら挿し木にしようとカットしたわき芽は今回諦めました。

 

ここで一旦、マッサンゲアナの育て方をおさらいしておきたいと思います。

 

 

マッサンゲアナの育て方

日当たりがよく風通しの良い場所を好のみます。
寒さが苦手のようですので冬は室内で管理します。

 

基本的なマッサンゲアナの育て方こちらでご紹介するとうに変更しました。

 

 

 

お手入れしたマッサンゲアナ

変色していてもそのまま残した葉もありますが、一応自分なりにマッサンゲアナのお手入れを完了しました。

 

 

若干黄ばみがあり、白い小さな斑点もある葉もあるのでこれからもしばらくは気は抜けません。

 

 

UCHIではマッサンゲアナに葉水をよくしてあげているのですが、加湿気味になるとバーグチップがカビてくるのが悩みです。

今後はこの対策も考える必要があります。

また機会をみて今後のマッサンゲアナの様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

196日後の様子をご紹介します。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。