さぼり気味だったマッサンゲアナのお手入れ

こんにちは。

今回は、最近さぼり気味だったドラセナ属の観葉植物「マッサンゲアナ」をお手入れした様子をご紹介します。

マッサンゲアナは別名「幸福の木」呼ばれとても親しまれて育てやすい観葉植物なのですが、UCHIでは2本あったうち1本を水の与え過ぎだったのか根腐れさせてしまいました。

その後根腐れした株を抜き出したことで残った1本にも悪影響がないか心配していましたが、その心配をよそに残った株は順調に生長していて、むしろお手入れを忘れてしまっているぐらいでした。

そこで最近さぼり気味だったマッサンゲアナにお手入れをしあげたいと思います。

今回の目次

  • UCHIのマッサンゲアナ
  • マッサンゲアナのお手入れ
  • お手入れしたマッサンゲアナ

 

UCHIのマッサンゲアナ

UCHIのマッサンゲアナはに2本あった株のうち、1本の幹に異変があり根腐れしていたので抜き出した様子などをご紹介しました。

 

このご紹介から約4ヶ月程が経ち、残ったマッサンゲアナにはトラブルがなく安心しています。

しかし最近はお手入れをさぼり気味でしたので、マッサンゲアナの特徴の長く大きな葉にホコリがかなり付着してしまいました。

またわき芽に少し怪しい白い物体もありますので、マッサンゲアナにお手入れをしたいと思います。

 

その前にマッサンゲアナの現在の様子をご紹介します。

 

こちらが現在のマッサンゲアナの様子です。

一本根腐れしてしまったので少し不安がありましたが、大きな異変もなく元気に過ごしています。

 

 

ただ気になる部分もあり、わき芽に黄色い斑点のが若干目立ち始めました。

この症状はカイガラムシなどの害虫の影響ではないかと思います。

 

 

そんななかこのように新芽が元気に生長を初めているのですが、最近はお手入れをさぼり気味だったので葉に結構ホコリが付着してしまいました。

 

 

そして先ほどのわき芽の付け根付近には怪しい白い物体があります。

しっかり確認したところこれはカイガラムシではなかったのですが、カイガラムシの痕跡だと思います。

 

それではマッサンゲアナのお手入れを始めたいと思います。

 

 

マッサンゲアナのお手入れ

まずは以前もご紹介したと思いますが、この葉に付着したホコリを葉水してティッシュペーパーで拭き取りたいと思います。

 

 

簡単にこのようにキレイにホコリを拭き取ることができました。

 

 

次にわき芽の白い付着物です。

この白い付着物があったことからマッサンゲアナを隅々まで観察したのですが、一応現在はカイガラムシは見当たりませんでした。

 

ひとまずこのように白い付着物を除去してお手入れは完了です。

それではお手入れしたマッサンゲアナをご紹介します。

 

 

お手入れしたマッサンゲアナ

わかりにくいと思いますが、お手入れしたマッサンゲアナはかなりスッキリとしました。

 

 

これで新芽もより元気に生長してくれると思います。

ですがこれからは生長が鈍る(休眠する)冬なので、乾燥を防ぐためにも葉水はこまめにしてあげたいと思います。

 

 

1本が根腐れししばらく不安はありましたが、残ったマッサンゲアナこのように生長してくれています。

マッサンゲアナは室内なら比較的冬越しも無難にできるので、水は控え害虫には気を付けて冬を無事過ごしたいと思います。

 

またお手入れした今後マッサンゲアナに変化がありましたら、その様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したマッサンゲアナの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。