想像よりは生長したドラセナ・コンパクタ

こんにちは。

今回は、想像よりは生長したドラセナ属の観葉植物「ドラセナ・コンパクタ」の様子をご紹介します。

ドラセナ・コンパクタは生長が遅い(ゆっくりとしている)といった情報から、短期間(数ヶ月)ではあまり生長を感じることはないと勝手に想像していたので、以前の様子から考えると思いのほか、春から夏の間で生長した印象があります。

また前回のご紹介からも葉水や水を与える以外ほぼ手間いらずで過ごしてくれているドラセナ・コンパクタですが、以前より下の方では葉の先が枯れた葉が増え、完全に枯れた葉も数枚あります。

そこでドラセナ・コンパクタの生長した様子と併せ、枯れた葉を取り除くお手入れをしたいと思いますので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのドラセナ・コンパクタ
  • ドラセナ・コンパクタのお手入れ
  • お手入れをしたドラセナ・コンパクタ

 

UCHIのドラセナ・コンパクタ

UCHIのドラセナ・コンパクタは2020年4月9日に、プラスチックのやや大きめの鉢へ植え替えをした様子をご紹介しました。

 

この後は冒頭でもお伝えしているように、水を与える以外ほぼ手間いらずでトラブルなく過ごしてくれています。

またドラセナ・コンパクタは比較的生長が遅い(ゆっくりとしている)といった情報から、春からひと夏過ごしたぐらいではあまり変わりないだろうと考えていましたが、植え替えをしたことも影響してか、UCHIのドラセナ・コンパクタは思いのほか生長した印象があります。

 

しかし冒頭でお伝えしているように葉先が枯れ始めている葉や完全に枯れた葉などもありますので、簡単なお手入れをしたいと考えています。

それではまずお手入れする前に、前回のご紹介から5ヶ月半程が経った、想像よりは生長したドラセナ・コンパクタの現在の様子をご紹介します。

 

 

こちらが想像よりは生長した、UCHIのドラセナ・コンパクタの様子です。

前回の植え替えをした春先の頃の様子と比べ、全体的に見ても上に積み重なったように生長しているような雰囲気があります。

 

 

しかしよく観察すると、わかりにくいですがおそらくこの写真の半分より上辺りの葉が以前より伸びたことで、そのように感じているのではないかとも思えます。

 

 

そしてこちらが1番新しい葉で、今もまだやや光沢が残っていて初々しい様子です。

 

 

しかしこの写真のように下のほうの葉には、このように葉先が枯れた葉などがあります。

 

そこでこれまでUCHIのドラセナ・コンパクタは全くといっていいほどお手入れをしたことがないので、この機会に枯れた葉などのお手入れをして見た目を整えたいと思います。

それでは枯れた葉のお手入れを始めます。

 

 

ドラセナ・コンパクタのお手入れ

あまり無理して取り除く必要はありませんが、このように葉先が枯れている葉の先端部分は、ピンクの線辺りをハサミでカットして取り除きたいと思います。

また完全に枯れた葉もあるので、その葉は手で取り除きたいと思います。

 

 

作業は簡単で、左の方は先端が枯れた部分をカットしたもので、左が完全に枯れた葉を取り除いたものです。

 

 

あとは葉に結構ホコリが付着していて、1枚1枚ホコリを拭き取るのは心が折れますので、思い切ってシャワーで水をかけて洗い流したいと思います。

 

それではお手入れをしたドラセナ・コンパクタをご紹介します。

 

 

お手入れをしたドラセナ・コンパクタ

こちらがお手入れをしたUCHIのドラセナ・コンパクタの様子です。

先端ではない部分(中央や隅だけ)が枯れている葉は残していて、大きく見た目に変化はありませんが、それでも茶系に変色した部分が減りかなりスッキリとした印象があります。

 

 

またこのようにタップリと水をかけてホコリも洗い流しましたので、葉も比較的キレイになり見た目も整えられたと感じています。

 

 

またこの重なり合うような葉の様子から、内側までしっかりと水をかけて洗い流しました。

普段も内側までしっかりと葉水するようにしていることで、今のところ薬剤なしでも害虫は発生していません。

 

 

こちらが枯れた先端をカットした葉で、やや茶系に変色し始めている部分が残っているので、もっと奥の方でカットすればよかったかとも思いますが、取り合えずこれぐらいで様子を見たいと思います。

 

 

そんなドラセナ・コンパクタにはやや気になる様子があります。

それはこの根元付近の様子で、あまりに勢いよく水をかけたことでやや土が流れてしまったこともありますが、かなり土の表面に細い根が見て取れるほどになっています。

おそらくこの様子から、ドラセナ・コンパクタは順調に生長して、根詰まりし始めているのではないかとも考えられます。

そしてそのことが葉先の枯れていることへ影響している可能性もあるので、秋の間に植え替えをするか、このまま冬越しをして春に植え替えするかと、なかなか悩ましい問題を抱えてしまいました。

 

 

お手入れしたUCHIのドラセナ・コンパクタは、やや大げさですが想像よりは生長して高さが増したこともあり、それなりに迫力も出てきた気がしています。

また根の様子から植え替えをすることで、より大きく生長させることができそうですが、大きくなるとお手入れがやりにくくなるので、時季的なことも含め総合的に考えたいと思います。

 

またドラセナ・コンパクタを植え替えする場合や、新たな変化を感じることがありましたら、その様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したドラセナ・コンパクタの基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去のドラセナ・コンパクタの様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。