ソフォラ プロストラータ・リトルベイビーを無機質な鉢へ

おはようございます。

今回は、先日に続いてソフォラ属の観葉植物「リトルベイビー」の植え替えの様子をご紹介します。

リトルベイビーのメルヘンの木と呼ばれる独特の雰囲気があり、この雰囲気を楽しむにはビニールポッドでは役不足です。

そこで枯らしてしまったリトルベイビーを植えていた無機質な鉢へ植え替え植えと思いますが、リトルベイビーの植え替えは春が適期なので早々に植え替えをしておきたいと考え、早々に作業をしたのでその様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのリトルベイビー
  • リトルベイビーの植え替え
  • 植え替えたリトルベイビー

 

UCHIのリトルベイビー

UCHIのソフォラ プロストラータ・リトルベイビーは先日ご紹介したばかりで、状態の変化はありません。

 

しかしビニールポッドのままではリトルベイビーのおしゃれな雰囲気を楽しめませんので、早速植え替えをしたいと思います。

 

そこで枯らしてしまった先代のリトルベイビーに使っていたこの無機質なデザインの鉢へ植え替えをしたいと思います。

この鉢に植えたリトルベイビーの雰囲気がとても気に入っています。

 

それでは早速ソフォラ プロストラータ・リトルベイビーの植え替えを始めます。

 

 

リトルベイビーの植え替え

植え替えをするのに一度キレイに洗い、以前まで使っていた土は処分して新しい土を使います。

 

 

水はけをよくしたいので、底石を敷いて中間ぐらいまで新しい観葉植物の土や赤玉土を混ぜた土を入れ準備しました。

 

 

次にリトルベイビーをビニールポッドから抜き出して、なるべく古い土を取り除きながら植え替えをします。

 

 

さらに上から観葉植物の土と鹿沼土などを混ぜた土を足して完成です。

 

一度経験しているので、難しい作業はありませんのでトラブルなくリトルベイビーの植え替えができました。

それでは植え替えたソフォラ プロストラータ・リトルベイビーをご紹介します。

 

 

植え替えたリトルベイビー

植え替えをしてUCHIのリトルベイビーは理想的な雰囲気に仕上がりました。

 

 

リトルベイビーは日当たりを好むようですが、順化していない観葉植物を日当たりのよい場所においてしまうとすぐに葉焼けしてしまいます。

また前のリトルベイビーは葉焼けから状態を悪くしてしまったので、このかわいい葉の状態を維持するためにも、二代目のUCHIのリトルベイビーは植え替え後ということもありますが、しばらくは室内の明るい場所に置き、徐々により明るく日当たりのある場所へと移していきたいと考えています。

 

 

一度枯らしてしまった経験から多少不安はありますが、その分経験もあります。

経験を活かしてリトルベイビーのこの元気でおしゃれな状態を維持したいと思います。

 

またUCHIのリトルベイビーに変化がありましたらその様子をご紹介します。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。