予定を早めて行ったサンスベリア・ゴールデンハニーの植え替え

こんにちは。

今回は、予定を早めて行ったサンスベリア属の観葉植物「サンスベリア・ゴールデンハニー」の植え替えをした様子をご紹介します。

サンスベリア・ゴールデンハニーはまだしばらく植え替えをするつもりはありませんでしたが、思いもよらないことがあり、そういったことからなるべくなら早めに生長を加速させたいといった思いから、予定を早めて植え替えをすることにしました。

そこで期待している結果を得ることができるかはわかりませんが、そのサンスベリア・ゴールデンハニーの植え替え作業の様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのサンスベリア・ゴールデンハニー
  • サンスベリア・ゴールデンハニーの植え替え
  • 植え替えを終えたサンスベリア・ゴールデンハニー

 

UCHIのサンスベリア・ゴールデンハニー

UCHIのサンスベリア・ゴールデンハニーは2021年6月6日に、葉の色合いなどから趣の異なるサンスベリアとして初めてのご紹介をしました。

 

そしてこのご紹介では、サンスベリア・ゴールデンハニーの植え替えを6月下旬頃に予定しているとお伝えしていたのですが、このご紹介後すぐにサンスベリア・ゴールデンハニー1株を誤って落下させてしまいました。

 

一応今現在の様子としては、枯れるような状態にはなっていませんが、葉が傷み落下させた影響はないとはいえません。

しかしこういった様子は新しい葉が出てくれば見た目を変えることができますので、植え替えが必ずしも生長を加速させるわけではありませんが、そういった効果にも期待を込めて、サンスベリア・ゴールデンハニーの植え替えをしたいと思います。

 

それでは植え替えをする前に、まずはサンスベリア・ゴールデンハニーの現在の様子をご紹介します。

 

 

こちらが前回のご紹介から1週間が経った、UCHIのサンスベリア・ゴールデンハニーの様子です。

ほぼ変化はないといった様子なので、ある意味UCHIの置き場所の環境に順化してくれているのではないかと思います。

 

 

そしてもちろん葉先まできれいな新葉にもほとんど変化はなく、この新葉のように葉先まできれいな状態で維持していきたいといったことを再三お伝えしています。

 

 

そしてこちらが誤って落下させた株で、ご覧いただいているように落下させてしまったことで先端が折れてしまい、自ら早々とこの株は葉先まできれいに保つことができない状況にしてしまいました。

 

 

とはいうものの、株が元気ならと思うところでもあるのですが、折れてしまった影響からか、もしくは落下させてから水を与えていないことが影響してか、葉にシワが入り始めています。

このままもうしばらく様子を見るのが無難かもしれませんが、そろそろ水を与えたいと思う頃でもあるので、この機会に植え替えをして、生長を加速させ、この状況を打開したいと思います。

 

それでは予定を早めて、サンスベリア・ゴールデンハニーの植え替えを始めます。

 

 

サンスベリア・ゴールデンハニーの植え替え

サンスベリア・ゴールデンハニーはこちらの100円ショップの素焼きの鉢に植え替えたいと思います。

因みにこの鉢は以前サンスベリア・ハニーを植えていた鉢で、前回サンスベリア・ハニーの様子もご紹介するとお伝えしていましたが、今はまだサンスベリア・ハニーに思うような変化がないので先延ばしにさせていただきます。

 

 

植え替えのためサンスベリア・ゴールデンハニーをビニールポッドから抜き出しました。

やはり葉の色合いは違えど、サンスベリア・ハニーをビニールポッドから抜き出した時と似たような根が目に入ります。

 

 

しかし土を取り除くと、サンスベリア・ハニーとは株の大きさが違うこともあって、かなり根の状態に違いがありました。

少し頼りない様子です。

 

 

そして落下させた株はより心配な状態でした。

このようにするするっと抜き出すことができ、根は土に絡みついている様子が感じられません。

また赤茶系のしっかりとした太めの根が見当たらないのでかなり心配です。

 

 

そこでこれまで植えられていたビニールポッドの土の状態は悪くなく、ふわふわした土なので、根の様子から落下させた株はその土を再利用して植えることにしました。

そしてもう1株は、新しい一般的な観葉植物の土で植えました。

 

あとは一工夫して植え替えを完成させたいと思います。

それでは植え替えを終えたサンスベリア・ゴールデンハニーの様子をご紹介します。

 

 

植え替えを終えたサンスベリア・ゴールデンハニー

こちらが素焼きの鉢へ植え替えをした、UCHIのサンスベリア・ゴールデンハニーの様子です。

以前サンスベリア・ハニーでも使っていたココヤシファイバーでマルチングして仕上げました。

 

 

もちろん落下させた株にもココヤシファイバーでマルチングして仕上げました。

 

 

植え替えたことでビニールポッドの時よりはUCHIのサンスベリア・ゴールデンハニーの雰囲気が良くなり、仕上がりには満足しています。

しかし落下させた株もそうですが、2株とも根の状態が思いのほか頼りない様子でしたので、やはり水はもうしばらく与えず様子を見ながらタイミングを見計らいたいと思います。

 

植え替えをしたことが必ずしも生長を加速させるわけではなく、現状を打破できたわけでもありません。

しかし植え替えたことが転換点となり、それぞれのサンスベリア・ゴールデンハニーに良い影響があることを期待したいと思います。

 

どのタイミングで水を与えるのかは難しいのですが、くれぐれも水の与え過ぎには気を付けて、それぞれのサンスベリア・ゴールデンハニーに新たな変化がありましたら、その様子をご紹介したいと思います。

そしてサンスベリア・ハニーの様子も機会を見てご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したサンスベリア・ゴールデンハニーの基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去のサンスベリア・ゴールデンハニーの様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。

ご紹介している植物やブログについてのご意見・ご感想・改善点・レイアウト、または品種名の間違いなどを「Contact ページ」」からメッセージをいただければ、今後のブログの改善や記事の追加(入手可能な品種の場合)の参考にさせていただきたいと思いますので、ご協力をお願いします。