背が高くなった乙女心の植え替え

こんにちは。

今回は、ビニールポットに入れたままのセダム属の多肉植物「乙女心」(オトメゴコロ)の植え替えをした様子をご紹介します。

乙女心は日当たりのよい室内の窓際に置いていたので、その環境に馴染み、生長しているといっていいのか茎が伸びて背が高くなったと思います。

しかし根元付近の葉は何枚か縮れて枯れてしまいました。

そこでその枯れた葉を取り除き、これからより生長しやすい環境にするために、今より大きな鉢へ植え替えをしたいと思います。

今回の目次

  • UCHIの乙女心
  • 乙女心の植え替え
  • 植え替えた乙女心

 

UCHIの乙女心

UCHIの乙女心は2018年12月14日に、購入直後の様子をご紹介しました。

 

それから約2ヶ月程経過し、窓際で日当たりのよい環境に適したのか、まだ寒い時季ですが少し茎が伸び背が高くなりました。

しかし冬は基本的には乾かし気味の状態を維持したいので、極力水は控えていたのですが、その影響もあって根元付近の葉が数枚枯れてしまいました。

 

まずは現在の乙女心の様子をご紹介します。

 

先ほどからお伝えしているように、UCHIの乙女心は根元付近の葉が縮れて枯れてしまいました。

 

 

このようにシワが入り始め徐々に枯れていきます。

少し水が少なかったのかとも考えていますが、室内に置いているといったこともあり根腐れを避けるため、冬はある程度シワが入ったりすることは仕方がないかと思います。

 

 

しかし、上の方の新しい葉はどんどん生長しています。

こういった様子から株は元気そうですので、これから暖かくなり春にはぐんぐん生長すると思います。

そこでより良い環境を整えるためにも枯れた葉などを取り除き、植え替えをしたいと思います。

 

それでは早速植え替え始めます。

 

 

乙女心の植え替え

今回も前回同じセダム属の玉つづりの植え替えに使った鉢と同様に、ツートンのリメ鉢を使います。

 

 

そして作業台へ移動しました。

まずは先に枯れた葉の除去をします。

 

 

枯れた葉はピンセットなどは使わず、手で簡単に取り除くことができました。

 

 

そして次に植え替えのため、ビニールポッドから土ごと抜き出しました。

今回土はあまりよい状態ではなさそうですので、古い土はなるべく取り除き植え替えをしました。

 

それでは植え替えた乙女心をご紹介します。

 

 

植え替えた乙女心

こちらが植え替えをしたUCHIの乙女心です。

好みにもよりますが、今回はあまり理想的な出来栄えになりませんでした。

乙女心の背が高いからでしょうか、前回の玉つづりの方がこの鉢には合っているように思えます。

 

 

日当たりのよい場所なので徒長ではないと思うのですが、下の葉を取り除いた影響もあると思いますが、より背の高さが引き立ちました。

 

 

そして乙女心の葉は、前回同様にまだほんのりと赤く色ずいています。

 

 

乙女心は水を控えていましたので、この植え替えを期に少し多めに水を与えたいと思います。

 

 

今回は多めに与えましたので、これからしばらく水は控えゆっくり春を待ちたいと思います。

 

今回で制作したツートンのリメ鉢を使い切りましたので、三つのリメ鉢に植えた多肉植物達を並べてみました。

 

並べると乙女心だけやはりアンバランスな気がします。

乙女心はカットして高さを抑えればバランスもよくなりそうですので、また春に仕立て直したいと考えています。

 

また春頃に生長した乙女心の様子もお伝えしたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

488日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。