班入りのベンジャミン ベンジャミン・スターライト

こんにちは。

今回は、フィカス属の観葉植物のベンジャミンに白の班が入った「ベンジャミン・スターライト」の様子をご紹介します。

UCHIではベンジャミン(ベンジャミナ)はよくご紹介させて頂いていますが、経験を活かせることから班入りベンジャミンのベンジャミン・スターライトも育ててみたいと考えていたところ、先日訪れた園芸店でベンジャミン・スターライトの苗が販売されていたので購入してきましたので、ご紹介したいと思います。

今回の目次

  • ベンジャミン・スターライトについて
  • ベンジャミン・スターライトの育て方
  • UCHIのベンジャミン・スターライト

 

ベンジャミン・スターライトについて

UCHIではベンジャミンは植え替えや剪定などの経験をご紹介しています。

そして一番最近の様子としてはにとても元気のよい状態をご紹介しました。

 

そのベンジャミンに班が入った品種も人気があり、有名な品種としては「ベンジャミン・ゴールデンプリンセス」と「ベンジャミン・スターライト」という品種があります。

 

 

ベンジャミン・スターライトとベンジャミン・ゴールデンプリンセスの違いは班の入り方(模様)なのですが、ベンジャミン・ゴールデンプリンセスは班が葉のふち(外側)だけに入るような印象ですが、ベンジャミン・スターライトはこの写真のようにふちだけでは無くより内側や葉によって全体的に入る特徴があります。

しかしどちらも育て方としてはベンジャミン(ベンジャミナ)と同様で問題はないようですが、班入り品種はできるだけ日光に当てることで状態よく保つことができるようです。

 

 

ベンジャミン・スターライトの育て方

基本的にはベンジャミンの育て方と同様ですが、一般的なベンジャミンよりも窓際などより日当たりの良い場所で育てると元気な状態を維持できます。

水は一般的なベンジャミン同様冬は控え気味にして、生育期の春から秋までは土が乾いたら与え、夏場は2,3日に一度(置き場所次第では毎日)はたっぷり与えるようにします。

 

基本的なベンジャミンの育て方はこちらでご紹介しています。

 

 

UCHIのベンジャミン・スターライト

購入したベンジャミン・スターライトは小さな苗木です。

 

 

やはりベンジャミン・スターライトこの白(クリーム系)の班のがおしゃれで魅力があります。

 

 

新芽も出ているので状態はよさそうです。

どんどんと葉を増やして育てたいと考えています。

 

 

現在は苗木で販売されていたので、黒のビニールポッドに植えられていますが、根元が緑色になっているのが気になります。

 

 

班の模様には様々なものがありおしゃれな印象なので、インテリアグリーンとしても映えそうです。

 

 

またこのように、班である白い部分が9割以上の面積を占めていて面白い現象を楽しめるものも班入りの魅力です。

 

 

UCHIのベンジャミン・スターライト黒のポッドのままなので魅力にかけるので植え替えをしてあげたいのですが、ベンジャミンの植え替え時期としては5月から7月前半ぐらいが適期なのでこのまま過ごそうか、それとも思い切って植え替えようか悩んでします。

 

今後もしベンジャミン・スターライトを植え替え場合はその様子を、そしてこのまま過ごす場合もまた機会をみて変化の様子をご紹介したいと考えています。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

27日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。