鉢のふちに乗りかかったグリムワン

こんにちは。

今回は、茎が曲がり鉢のふちに乗りかかってしまったグラプトペタルム属の多肉植物「グリムワン」の様子をご紹介します。

グリムワンは無事夏を乗り越え秋の生長や変化を楽しみにしていたのですが、そのような期待した変化はなく、むしろどうすればいいのかわからないような状態になってしまいました。

しかししばらくは変化もなく状態を維持はしていましたが、最近ではグリムワンの茎は縮れ葉の裏側のシワが目立ち始め、このままではまずいのではないかと判断し、枯れる前に思い切って手を加えたいと思います。

今回の目次

  • UCHIのグリムワン
  • グリムワンの挿し木
  • 挿し木にしたグリムワン

 

UCHIのグリムワン

UCHIのグリムワンはに植え替えをした様子をご紹介しました。

 

このご紹介から7ヶ月が経ち、その間の苦手な夏は無事乗り切りましたが、生育期の今でも期待した変化はなく、むしろ茎が縮れ今の様子からは根や茎が機能しているとは思えない状態です。

 

グリムワンの茎が曲がりやや縮れている状態になったのは夏の終わりぐらいからで、その後は変化がなく元に戻るだろうと判断して水は適量与え続けていました。

また状態が気にはなっていましたが無理に手を付けずにそのままにしていましたが、最近ではついにグリムワンの特徴の肉厚な葉の裏のシワがかなり目立ち始めました。

 

このままではまずいと考え思い切って手を加えたいと思います。

まずはその前にグリムワンの現在の様子をご紹介します。

 

 

UCHIのグリムワンはこのように鉢のふちに乗りかかってしまっています。

 

 

そしてこちらがグリムワンの葉の裏側で結構深いシワが目立ってしまっています。

そして問題のグリムワンの茎ですが、このように枯れたような状態で縮れてしまっています。

多分もう機能していないのではないかと思います。

 

 

しかしグリムワンは茎の一番上の方から新しい根が生えていて、この根は透明な色合いなので最近生えてきたものだと思います。

 

 

このような状態のグリムワンですが、葉は淡い緑色をしていてとても魅力があり、またグリムワンも懸命に生き抜こうとしていると思います。

ここはこのまま様子を見守るのではなく、思い切って手を加えたいと思います。

 

 

グリムワンの挿し木

今までは手を加えず様子を見守るようにしていましたが、葉の状態からもうグリムワンの茎は機能していないと考えられますので、ピンクの線の辺りでカットして挿し木にしたいと思います。

 

 

早速ハサミを使ったバッサリと茎をカットしました。

茎はかなり固くなっていました。

 

 

こちらがカットした茎の断面です。

内側まで茶色く変色しているので、根腐れして機能していないのではと考えられます。

 

 

そしてこちらがカットしたグリムワンですが、このまま土に挿し木しても問題ないと思いますが、より挿し木しやすいよう調節することと、またうまく根付かなかった場合も考慮して下の葉を採取して葉挿しの準備もしておきたいと思います。

 

 

シワがありますが下葉を4枚採取しました。

こちらの葉は葉挿しにします。

因みに前回葉挿しように採取した葉は夏に腐ってしまい失敗してしまいました。

 

 

そしてこちらが下葉を取り除いたグリムワンでより挿し木しやすいくなったと思います。

 

それでは元の鉢の土を入れ替え挿し木したグリムワンをご紹介します。

 

 

挿し木にしたグリムワン

こちらが挿し木したグリムワンです。

今回は挿し木後に表面が湿らす程度水を与えました。

 

 

外側の葉はシワが目立ちますが、内側の葉はグラプトペタルム属の多肉植物らしい肉厚な様子もあるので、うまく根付けばまた元気な姿に戻ってくれると期待したいです。

 

 

グラプトペタルム属の多肉植物は春と秋が株分けや挿し木、葉挿しするには適期なので、もう少し早く作業すればよかったかと思いますが、まだ手遅れではないと思いますので手を加えたことがいい結果に繋がってくれることを信じて見守りたいと考えています。

 

しばらくは水を与えたので日陰気味の場所で様子をみて、また少し落ち着いたら日の当たる場所へ移したいと思います。

そして葉挿しにした葉もあるので、また今後手を加えたグリムワン共々変化がありましたら、その様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。