少ししぼんでしまった桃美人の植え替え

こんにちは。

今回は、葉先がピンクがかった肉厚な葉が自慢の「桃美人」ですが、冬の断水の影響で、すっかりスマートなってしまいました。
そこで水を与える前に、桃美人の植え替えをしたいと思いますのでその様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIの桃美人
  • 桃美人の植え替え
  • 植え替えた桃美人

 

UCHIの桃美人

UCHIの桃美人を初めてご紹介したのは、今年の初めの2019年1月4日です。

 

ご紹介したときはまだしっかりとしたふくらみもあり、色も現状より緑色がはっきりとしている様子でした。
桃美人はパキフィツム属の多肉植物ですので、冬は基本的には水を控えめまたは断水して冬越しをします。
水をほとんど与えていなかったので、葉に貯めた水分を使っているためか、やはり葉のふくらみが少しぼんでしまい、シワが出てきた葉もあります。

それではUCHIの桃美人の現状の様子をご紹介します。

 

 

写真の写り方のせいもあると思いますが、少し色合いが変わりました。
わかりにくいですが、葉が全体的にかなり白っぽくなり、葉のふくらみが少しなくなりました。

 

 

このように春秋型の多肉植物同様に下の葉からシワが目立つようになってきています。

 

 

しかし、中央から出てきた新しい葉は少し大きくなり、桃美人の株としては元気だと感じています。
現在の様子からも、そろそろ水を与えてもよい頃合いだと思いますので、この機会に植え替えをして水を与えたいと思います。

それではまず水を与える前に植え替え作業をしたいと思います。

 

桃美人の植え替え

今回は以前制作した、初めて作った真っ白に塗ったリメ鉢を使いたいと思います。

 

 

まずは作業台へ移動しました。
この黒のプラスチックの鉢から桃美人を抜き出します。

 

 

断水んしていたので土はカサカサの状態でしたので、簡単に抜き出すことができました。
まだ根回りしている状態でもないので、いつものようにこのまま鉢へ植え替えしたいと思います。

 

植え替えた桃美人

それではリメ鉢に植え替えた桃美人をご紹介します。

 

今回はほぼ中央に植え替えができました。

それなりの出来栄えです。

 

 

今回は霧吹きで水を与えたのですが、桃美人の下の方の葉にも少しかかってしまいました。

 

 

桃美人はこの先端がピンクがかった色合いと葉の柔らかなグリーン系の色がとても絶妙なコントラストです。

 

 

今回は控え目に水を与えましたが、もう少し暖かくなるにつれて水の量も増やし、桃美人らしいふっくらした膨らみを取り戻していきたいと思います。

また春ぐらいに桃美人の様子をお伝えしたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。