迫力を失ってしまったユニフロルム

こんにちは。

今回は、迫力を失ってしまったパキフィツム属の多肉植物「ユニフロルム」の様子をご紹介します。

ユニフロルムは植え替え後の夏はトラブルなく無事過ごすことができたのですが、その後置き場所を変えたのが原因かかなり徒長してしまいました。

濃い緑色をした肉厚で葉の先が尖った様子がユニフロルムの特徴で、その葉がところ狭しと密集してツンツン迫力のある姿が魅力だったのですが、今ではその面影がありません。

そんな迫力を失ってしまったユニフロルムと、以前植え替えの際に株分けしたユニフロルム、そして葉挿しにしたユニフロルムがあるので、それぞれの現在の様子をご紹介したいと思います。

今回の目次

  • UCHIのユニフロルム
  • ユニフロルムの挿し木と葉挿しのその後
  • お手入れしたユニフロルム

 

UCHIのユニフロルム

UCHIのユニフロルムはに植え替えと株分けをした様子をご紹介しました。

 

このご紹介から半年以上が経ち、徒長して葉と葉の間の茎の間隔が広がり(葉の密度がなくなり)以前のような迫力のある姿を失ってしまいました。

まずはそのユニフロルムをご紹介します。

 

 

こちらが迫力が無くなったユニフロルムの現在の様子です。

ユニフロルムはカーテン越しに日が当たる場所で管理しているのですが、もっと強めの日差しが必要なのかと感じています。

 

 

ご覧いただいているように濃い緑色をした肉厚で先が尖った葉は健在ですが、茎が伸び徒長して葉と葉の間の間隔が広くなってしまったことで以前のような迫力が感じられません。

 

 

またひょっこりと出てきていたわき芽もこのように生長はしているもののやはり徒長してしまいました。

 

 

しかしユニフロルムは徒長こそしてしまいしたが元気な様子で、このように先端には新しい葉が出てきています。

 

次に前回株分けしたユニフロルムとその後葉が落ちていたので、その葉を葉挿しにしたユニフロルムがあるので、そのふたつの様子をご紹介します。

 

 

ユニフロルムの株分けと葉挿しのその後

こちらが前回株分けしたユニフロルム(左)とその後たまたま落ちていた葉を葉挿し(右)にしたユニフロルムです。

 

 

まずこちらが前回株分けしたユニフロルムです。

枯れた様子はありませんので、しっかりと根付き育っているようです。

 

 

しかし角度を変えるとわかりやすいのですが、残念ながら茎がかなり伸びて徒長しています。

 

 

次にこちらが葉挿しにしたユニフロルムです。

観察のため土から取り出してみたいと思います。

 

 

このように根がしっかりと生え土に絡みついています。

 

 

次に親株のユニフロルムにも簡単なお手入れをしておきたいと思います。

まずはピンクの円で囲んでいいる枯れた葉や変色した葉を取り除きます。

 

 

そしてもうお気づきだと思いますが、葉には結構ホコリが付着しているので、あまりオススメできませんが葉水して洗い流し、エアブローで水分を吹き飛ばしたいと思います。

 

それではあまり変化はありませんが、お手入れしたユニフロルムをご紹介します。

 

 

お手入れしたユニフロルム

ホコリやヨゴレを洗い流し枯れた葉を取り除いたユニフロルムですが、あまり見た目の変化はしていません。

 

 

徒長したことで重みが増えたのか根元がグラグラすので、表面に赤玉を足し水をたっぷりと与えました。

徒長させてしまったのでこのような姿になってしまいしたが、ユニフロルムはとても元気そうなので同切りして仕立て直したいとの考えもあるのですが、もう寒くなり始めているのでまずは冬を越すことを優先させたいと思います。

 

 

パキフィツム属はあまり寒さが得意ではありませんので、今後は上手に冬越しすることに注意して、また暖かくなったら以前のような姿へ仕立て直したいと思います。

 

また今後ユニフロルムに変化の様子がありまありましたら、その時はその様子をご紹介し、無事トラブルなく冬を越すことができれば次の春先に以前の迫力を取り戻すため同切りして仕立て直す様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したユニフロルムの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。