最も背が高くなるためフィカス・アルテシーマを大きめの鉢へ植え替え

おはようございます。

今回は、フィカス属の観葉植物「フィカス・アルテシーマ」を大きめの鉢へ植え替えをした様子をご紹介します。

アルテシーマはラテン語で「最も背が高い」という意味があることは前回のご紹介の時にお伝えしましたが、そういった名前が付くということは生育環境が整えばグングンと背が高く生長するのだろうと思います。

そこでアルテシーマを植え替えるには今は適期ではありませんが、極力負担をかけず土ごと移し替えるような植え替え方法でより大きな鉢へ植え替えをしたいと思います。

今回の目次

  • UCHIのフィカス・アルテシーマ
  • フィカス・アルテシーマの植え替え
  • 植え替えたフィカス・アルテシーマ

 

UCHIのフィカス・アルテシーマ

UCHIのフィカス・アルテシーマはに購入直後の様子をご紹介しました。

 

このご紹介からまだ12日しか経っていませんが、少し前に同じフィカス属のウンベラータの曲げ木に仕込んだようにアルテシーマは同じように曲げ木したいという考えもあり、またアルテシーマとはラテン語で「最も背が高い」意味があるように少しでも早く大きく生長してもらいたいので、早速今より大きめの鉢へ植え替えたいと思います。

まずはその植え替えの前に特に変化はありませんが、現在のアルテシーマの様子をご紹介したいと思います。

 

 

まだ前回のご紹介からあまり経過していませんのでアルテシーマに一目でわかる変化はありません。

 

 

無数の茶色の斑点が目立ち始めている葉も変化がないので取り除かず残したままです。

 

 

わずかな期間で続けてのご紹介ですので、天芽から新しい葉が出てきている様子もありません。

生育期は過ぎているのでこのままの様子で冬を迎えそうです。

 

 

アルテシーマの植え替えは5月から8月中が摘期なのであまりこの時季に植え替えはよくありませんが、現在はとても小さなビニールポッドのままなので、植え替えというより土ごと移し替えるやり方で大きな鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

それでは作業を始めます。

 

 

フィカス・アルテシーマの植え替え

アルテシーマはこのように現在はビニールポッドに植えられています。

 

 

そして今回植え替える鉢はこの以前ユッカこと「ユッカ・エレファンティペス」を植えていた鉢で、現在空いているのでこの鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

 

まずはビニールポッドからアルテシーマを抜き出しました。

 

 

古い土を取り除いたりはせず、このまま大きな鉢へ土ごと移し替えます。

 

 

下に底石を敷き観葉植物用の土をある程度まで入れ、その上からアルテシーマを土ごと入れ、上からまた観葉植物用の土を入れ全体を覆いました。

 

それでは大きな鉢へ植え替えたアルテシーマをご紹介します。

 

 

植え替えたフィカス・アルテシーマ

UCHIのアルテシーマにはやや大きすぎる印象もありますが、名前の由来どうり最も背が高く生長してもらいたいので今はアンバランスでもいいかと思います。

 

 

曲げ木するには良さそうな幹の状態ですが、ここはグッと堪えてもっと生長するまで我慢したいと思います。

 

 

今回はアルテシーマを植え替えるには最適な時季ではありませが、極力負担を避けまた今後の期待を込めて植え替え作業をしました。

今後アルテシーマはどんな変化をするのか楽しみですが、まずは冬を無事乗り越えたいと思います。

 

また植え替えをしたアルテシーマに変化がありましたら、その様子をご紹介します。

 

今回ご紹介したの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。