厚みのある葉で魅了する 淡雪

おはようございます。

今回は、小さくてもしっかりとした肉厚な葉が特徴のグラプトペタルム属の多肉植物「淡雪」をご紹介します。

淡雪(アワユキ)は葉全体に白っぽい粉のようなのもで覆われていて、名前のどうり淡いグリーンやピンクとうようなニュアンスの色合いになっていてとてもかわいいです。

また白っぽい粉のようなのもは手で触れると取れてしまいますのでお手入れをする際は少し注意が必要です。

今回はそんなかわいい多肉植物の淡雪をご紹介したいと思います。

今回の目次

  • 淡雪について
  • 淡雪の育て方
  • UCHIの淡雪

 

淡雪について

淡雪(アワユキ)はグラプトペタルム属の多肉植物で、肉厚な葉が特徴です。

冒頭でもお伝えしたように、葉全体に白っぽい粉のようなのもがついて、その影響で葉が淡い色合いになっています。

グラプトペタルム属は基本的に群生するものが多いようですので、比較的増やしやすい品種ではないかと思います。

 

またグラプトペタルム属の多肉植物としては、UCHIではグリムワンも育てています。。

 

多肉植物は全般的に多湿は苦手ですが、群生る多肉植物は特に多湿が苦手なものが多いのです。

それではまず淡雪の育て方を調べご紹介します。

 

 

淡雪の育て方

基本的には一般的な多肉と同様に、日当たりがよく風通しの良い場所を好みます。

また高温多湿が苦手のようですので、夏は水を控え気味にして管理します。

 

基本的な淡雪の育て方はこちらでご紹介しています。

 

 

 

UCHIの淡雪

UCHIの淡雪も冒頭やどでご紹介しているように、白っぽい粉で全体が覆われていて独特の淡い色合いになっています。

上の方がグリーンぽく、下の方がピンクぽい色をした淡い色合いになっています。

 

 

全体的に淡雪はまだ小さいのですが、葉はとても肉厚で存在感があります。

 

 

この肉厚感はパキフィツム属の多肉植物などとも似たボリュームを感じます。

 

 

中央の小さな葉もしっかりとした厚みがあります。

このように肉厚な葉の多肉植物は葉にしっかりと水分をため込んでいますので、基本的には乾かし気味に育てます。

しかし水分が不足してくると葉がシワシワになるので、ここで慌てて必要以上に水を与え過ぎないようにし、水の与えすぎによる根腐れには注意が必要です。

 

 

まだしばらくは寒い日が続くのでしっかり室内で管理し水を控え、無事冬越しをして春を迎えたいと思います。

 

淡雪は春からはどんどん増やすことが出来る思いますので、今後その様子もお伝えしていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

77日後の様子をご紹介します。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。