暑い室内で耐える虹の玉の植え替え

おはようございます。

今回は、暑い室内で耐えるセダム属の多肉植物「虹の玉」のその後の様子をご紹介します。

虹の玉は5月に伸びた部分をカットして挿し木すると簡単に増やすことができるのですが、3階の暑さに耐えることができず成功しませんでした。

しかしカットした虹の玉の親株は、様々な多肉植物に影響を与えた3階の暑い室内で枯れることなく、今では5月のカット前ぐらいまで茎を伸ばしています。

また虹の玉ですが、植えている鉢との見た目のバランスも悪いので空いた素焼きのリメ鉢に植え替えたいと思いますのでその様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIの虹の玉
  • 虹の玉の植え替え
  • 植え替えた虹の玉

 

UCHIの虹の玉

UCHIの虹の玉はにカットして仕立て直し、カットした部分を挿し木にした様子をご紹介しました。

 

このご紹介から3ヶ月が経ちまたほぼカット前の長さぐらいに戻りましたが、前回より茎の間延び感があり徒長しています。

しかしあの暑い部屋で耐えていることを考えれば、徒長などは気になりません。

それでは虹の玉の現在の様子をご紹介します。

 

 

5月のカット前よりやや短いですが、このように茎を伸ばして過ごしています。

また葉と葉の間が以前より広く、より徒長している印象があります。

 

 

以前カットした部分のわきから新しい茎を伸ばし葉を付け伸びています。

 

以前もこのように伸びた虹の玉の茎をカットして、挿し木にしたのですが、暑い場所に置いていたせいか残念ながら今残っているのはこの虹の玉だけです。

またその時に零れ落ちた葉を葉挿しもしたのですが、そちらも暑さが原因か失敗してしまいました。

 

 

また虹の玉には気になることがあり、その気になるのこのように茎からヒョロヒョロと根が出てきていりことです。

珍しいことではありませんが、あまりこの鉢での生育環境がよくないのではと考えています。

 

そこで、虹の玉とも雰囲気もイマイチな状態なので、鉢を植え替えたいと思いますが、虹の玉などセダム属の植え替えに適した時季は春なのですが、置き場所と管理方法に気を付ることを前提に虹の玉を植え替えたいと思います。

またあまり負担をかけないように、表面の土ごとごっそりと移動させる移し替えのような方法で植え替えをしたいと思います。

 

それでは虹の玉の植え替え作業を始めます。

 

 

虹の玉の植え替え

このリメ鉢はにピーチプリデを挿し木にしたのですが、残念ながら数日で変色してしまいました。

 

結果的に空いてしまったので、この鉢へ虹の玉を植え替えたいと思います。

 

 

植え替えには適さない時季なので、できる限り植え替えというより移し替えるようにしたいので、このようになるべく負担のないように土ごと移し替えたいと思います。

 

 

うまく鉢へ植え替え(移し替え)ができました。

 

 

少し土が少ないので、上から赤玉土を足したいと思います。

 

 

数枚の葉を落としてしまいましたが、一応これで作業は完了しました。

それでは植え替えた虹の玉をご紹介します。

 

 

植え替えた虹の玉

植え替えをしたことで虹と玉はいい感じに仕上がりました。

しかし適期ではない時季に植え替えをしたので、これからしばらくの管理方法がとても重要です。

 

 

少し水を与えたので、一週間ぐらいは室内の風通しの良い場所で管理しようと考えています。

 

 

伸びている茎は細く頼りない感じがしますが、葉しっかりと膨らみ存在感もあります。

植え替えたことで水はけがよくなり、土も変えたのでうまく根付けばこれまでよりしっかりと生長させてあげることができると思います。

 

 

UCHIの虹の玉は極力負担か少ないよう植え替えというより、移し替えのようなやり方で植え替えました。

 

やはり適期ではないので、しばらくは日陰で様子をみて、徐々に日当たりのある場所へと移したいと考えています。

多少無理はしましがた、以前よりは生育環境は良くなったと思いますので、また今後虹の玉に変化がありましたらその変化の様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。