シワシワになった玉つづりの植え替え

こんにちは。

今回は、冬越し真っ只中なので水を控えシワシワになってきた「玉つづり」の植え替えをしたいと思います。
玉つづりはセダム属の多肉植物で、肉厚な小さな葉がかわいく人気のある多肉植物です。

今回の目次

  • UCHIの玉つづり
  • こぼれた玉つづりの葉の状態
  • 玉つづりの植え替え
  • 植え替えた玉つづり

 

UCHIの玉つづり

UCHIの玉つづりは2018年12月11日に初めてご紹介しました。

 

春に寄せ植えにしようと考えていますが、寄せ植えはカットして挿し木でしよと考えています。
現在はビニールポットのままですので、少し前に制作しましたツートンのリメ鉢に植えようと思います。

 

玉つづりの状態は水は控えていますのでシワシワになりつつあります。
まずはご紹介からひと月程経過した様子を写真でご覧いただきたいと思います。

 

ご覧いただいているように、玉つづりの葉はシワシワになってしまっています。
今は水を控えていますのである程度このようにシワシワなるのは仕方がないと考えています。

 

 

葉の先端付近までシワシワになってきましたのでそろそろ水を与えるタイミングかと思います。

 

またこの玉つづりは購入後持ち帰るときに葉がこぼれ落ちました。
そのこぼれ落ちた葉は葉挿しにするため、発根するまで置いているのですが、ひと月程経過した現在の様子もお伝えしたいと思います。

 

こぼれた玉つづりの葉の状態

こちらもシワが出てきていますが、以前と大きな変化はなく、根も生えている様子はありません。

 

 

より詳しく観察するため4枚の葉を移動させ撮影しました。
シワシワになっていることがよりはっきりと確認できます。

 

 

葉の付け根という表現でいいのかわかりませんが、付け根あたりの根が生えてくるところを拡大しました。
まだ根らしきものは確認できません。

 

 

さらに近づきました。
変色もしていませんのでこのままそっとしてあげるのがいいかと思います。
もう少し暖かくなれば発根すると考えています。

 

それで本題の植え替え作業をします。

 

玉つづりの植え替え

いつも使っている作業台へ移動しました。

まずは玉つづりの株をビニールのポットから抜き出します。

 

 

簡単に土ごと抜き出すことができました。
新しい鉢へ移し替えます。

植え替えいうよりは移し替えです。

予定どうり作業は簡単に済みました。

 

 

植え替えた玉つづり

それでは植え替えた玉つづりをご紹介します。

 

ツートンのリメ鉢のと玉つづりの色合いの雰囲気がよく合っています。

 

 

玉つづりは重みで垂れ下がるように生長するようですので、これからが楽しみです。

 

 

水は控えていましたので、今回は少し多めに与えてあげようと思います。

 

 

たっぷり与えました。
推測ですが、このリメ鉢はアクリル絵の具で塗装していますので本来の素焼きよりかは水はけや通気性は悪くなると考えています。
今回は多めに水を与えましたが、本来この冬の時期は水は控えるようにしないといけませんので、今回は風通しのよい窓際に置き早く土が乾くように対策をしたいと思います。

 

 

無事植え替えも終えることができました。
また今後この玉つづりの生長の様子と葉挿しの葉の様子もお伝えしたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子