並んだ姿がかわいいふたつの樹氷

こんにちは。

今回は、園芸店で購入した、ふたつ並んでいる姿がとてもかわいい多肉植物の「樹氷」(ジュヒョウ)をご紹介します。

樹氷はセデベリア属の多肉植物で、葉の先がツンと尖っています。色合いがきれいで、少し膨らみのある葉が特徴的です。
そしてその葉は今(冬)がちょうど紅葉の季節なので、より魅力的になっている樹氷をご紹介します。

今回の目次

  • 樹氷について
  • 樹氷の育て方
  • UCHIの樹氷

 

樹氷について

樹氷(ジュヒョウ)はセデベリア属の多肉植物で、葉の色合いがとても綺麗です。
冬に葉の先がほんのりと赤く紅葉するのが特徴なのですが、ご紹介している今がまさに樹氷の紅葉のシーズンです。

また樹氷は比較的育てやすい多肉植物ですので、多肉初者の方にもおすすめの品種です。

 

またご紹介するにあたり、樹氷を調べるとわかったことがあります。
それは樹氷はセデベリア属の多肉植物ですが、そのセデベリア属は、セダム属とエケベリア属の交配種だということです。

※今回「樹氷」とご紹介していますが、姿かたちがそっくりな「スノージェイド」という品種の可能性もあります。
樹氷とスノージェイドは小さな時はとくに見た目にほどんど違いがなく、同じセデベリア属ですので育て方の違いも少ないと思いますが、もしハッキリと区別でき、スノージェイドの場合修正します。

それでは樹氷の育て方をご紹介いします。

 

樹氷の育て方

樹氷も少し遮光されたような日が当たり、風通しの良い場所を好みます。
比較的には寒さには強いようです。

 

日当たり

柔らかな日が当たり、風通しのよい場所を好み、強い日差しや、直射日光は避けるにします。
風通しよ良い場所がいいです。

 

水やり

春と秋は土が乾いたら水を与え、夏は高温多湿が苦手ですので乾かし気味にし、冬は時折湿らす程度に与えます。

 

冬越し

3℃以上を確保ができる場所なら冬越しできるようです。
また室内なら無難に冬越しできます。

 

増やし方

挿し木や葉挿しで増やすことができるようです。

 

UCHIの樹氷

丸形の撮影用に鉢に入れて撮影しました。
樹氷とこの鉢はよく合っています。

 

 

樹氷は淡い色合いのをしていて、ふたつ並んだ姿がとてもかわいいです。

 

 

樹氷は冬に紅葉してほんのりと赤く(ピンクに)色づきます。
この淡いグリーンとピンクの色合い絶妙です。
この色合いは以前ご紹介しました、桃美人とも似ています

 

 

ふたつ並んでいる姿はかわいいのですが、すでにプラスチックの鉢の両サイドに葉が当たるぐらい元気に生長しています。
早めに大きな鉢へ植え替えしてあげたいと考えています。

 

 

こちらが左側の株です。
少しこちらの方が大きいです。

 

 

右側の株です。
こちらの方が少し小さく、よりツンと尖っているように見えます。

 

 

ふたつ並んでいる姿がともてかわいいのですが、もっと大きく生長してもらいたいので、頃合いをみて植え替えをしたいと思います。

また樹氷の植え替えの様子をご紹介したいと思います。

※樹氷とお伝えしていますが、スノージェイドの可能性もありますので、予めご了承ください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。