葉の存在感が強いユニフロルム

こんにちは。

今回は、濃い緑色をした迫力のある葉が特徴のパキフィツム属の多肉植物「ユニフロルム」をご紹介します。

パキフィツム属は肉厚な葉が特徴で、ユニフロルムはその特徴と色合い、そしてカタチの影響もあり、葉にとても存在感を感じます。
また生育期ということもあり、かわいいわき芽が育ち始めていますので、その様子もお伝えしたいと思います。

今回の目次

  • ユニフロルムについて
  • ユニフロルムの育て方
  • UCHIのユニフロルム

 

ユニフロルムについて

ユニフロルムはパキフィツム属の春秋型の多肉植物で、濃い緑色の肉厚な葉が特徴です。

葉は先が少し尖っていて、その葉が重なりあって全体的にツンツンとしたような印象で、株の大きさの割に迫力があります。

 

その葉に触れてみると、結構固めで、どこか造花のような雰囲気があります。

 

またユニフロルムは比較的丈夫な品種のようで、茎も結構太く育つようです。

紅葉すると色が変わるようですが、ネットなどを見ると様々な色(紫系や赤系)に色づいていてるので、それはUCHIで紅葉したときに、どのような色合いなのかをご紹介したいと思います。

 

それではユニフロルムをご紹介する前に、まずは基本的な育て方をご紹介します。

 

 

ユニフロルムの育て方

基本的には日当たりを好み、風通しの良い場所が最適です。

 

日当たり

日当たりを好みますが、高温多湿が苦手ですので風通しのよい場所で管理します。

強い日差しや、直射日光は避けるようにします。

 

水やり

春から秋は土が乾いたら水を与え、夏は高温多湿が苦手ですので、涼しくなった夕方などに水を与えるようにします。

そして冬は乾かし気味にして、時折湿らす程度に与えます。

 

冬越し

パキフィツム属は基本的には寒さに弱く、冬は5℃以上の室内で冬越しするようにします。

 

 

UCHIのユニフロルム

こちらがUCHIのユニフロルムです。

濃い緑色をした葉は存在感があります。

 

 

ユニフロルムの葉の生長した葉は大きく、先は尖るようなカタチをしていて、全体的にツンツンと外側へ広がるような姿は、何故か大きさ以上に迫力を感じます。

 

 

 

そしてこちらがユニフロルムの葉を上から見た様子で、パキフィツム属らしい肉厚な葉で、中央からまた新しい葉が出てきています。

 

 

こちらはユニフロルムの根元の茎の様子で、茎は太めでやや木質化し始めているような感じもあり、その周辺にわき芽も育ち始めています。

 

 

植え替えをする場合は、この左側のわき芽を挿し木にしようと考えています。

 

 

ユニフロルムは今からがちょうど生育期ですので、また近いうちに植え替えをしたいと考えていますので、その様子をご紹介したいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

4日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。

ご紹介している植物やこのブログについて、ご意見、ご感想、改善点やレイアウト、品種名の間違いなど、何かお気付きのことがあれば、Contact ページからメッセージをいただければ、記事の修正や追加、今後のブログの改善の参考にさせていただきます。