光を求めたのかサンセベリア

こんにちは。

今回は、UCHIの「サンセベリア」(サンスベリア)が光を求めてか、ねじれてしまいましたので、その様子をご紹介します。

このサンセベリアは状態が少し変だと思いながら、そのままにしていたのですが、やはり改めてそのサンセベリアを見ると、葉のねじれが気になります。

そこでそのねじれる原因を調べましたので、状態の良いサンセベリアと見比べ、そのねじれたサンセベリアの現在の様子と原因を併せてご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのサンセベリアについて
  • ねじれたサンセベリア
  • サンセベリアがねじれた原因

 

UCHIのサンセベリアについて

UCHIには2018年11月3日に、窮屈そうなサンセベリアとサンセベリアの裸苗のその後の様子をご紹介しました。

 

そして今回ご紹介するねじれてしまったサンセベリアは、2018年9月19日にご紹介しました、サンセベリアの裸苗と同じで、裸苗として購入し、同じ鉢の色違いに植えてトイレの窓際に置いている株です。

 

それでは早速、そのねじれてしまいましたサンセベリアの様子をご紹介します。

 

 

ねじれたサンセベリア

サンセベリア

こちらがねじれてしまったサンセベリアです。

サンセベリアは、空気の清浄効果が高いということはNASAの研究結果でも証明されています。

そこでこのサンセベリアはトイレの飾り(さわやかなイメージ)としてと、室内の空気が少しでもキレイ(消臭のような効果ではないです。)になればといいなと思い置いています。

※サンセベリア1株では室内の面積からしてもほんの僅かな効果しかないと思います。

 

因みにそのサンセベリアの空気清浄の効果としては、

ベンゼンやホルムアルデヒド、トリクロロエチレンなどのシックハウス症候群の原因となる科学物質の分解や、マイナスイオンを発生させる効果もあるとされているようです。

 

 

植物によっては日が当たる方向へ茎が曲がったり、向いたりする場合があるので、サンセベリア裏表があり、日(光)が当たる方向に自らねじれて向いたのかと思いました。

しかしそんな訳ありませんでした。

 

 

2本のサンセベリア

ねじれたサンセベリアは同じ時期に購入した、サンセベリアの裸苗としてご紹介している株と並べて見比べると、株の様子の違いが明確です。

買った時から少し大きさに差がありましたが、やはり日当たりがよかった株のほうが、多少葉が伸びた可能性もあります。

 

なぜねじれたのかはっきりとわかりませんが、サンセベリアがねじれた原因を調べましたのでご紹介します。

 

 

サンセベリアがねじれた原因

ねじれたサンセベリア

サンセベリアがこのようにねじれる原因は、主に3点あるようです。

1、日当たり

2、水不足

3、栄養不足(肥料)

上記の3点がねじれる原因になるようです。

この3点から考えると、UCHIでは日照不足がねじれる原因になった可能性があると思います。

 

それは、それ以外の原因から考えたのですが、まず水に関しては、UCHIでは水を2週に1度ぐらいで与えています。

次に栄養不足ですが、9月に裸苗を新しい観葉植物用の土で植えたので、まだ必要ないと思います。

また先ほどもご紹介しましたが、同じ時期に購入してご紹介しているサンセベリアの裸苗のもう1株は、今でも問題がないからです。

 

こういったことから元気な株との違いは日当たりです。

 

ねじれた株は多少日が当たりますが、やや日照不足だと感じています。

窓際に置いていますが、北側にトイレがあるので、日に当たりにくく、日に当たる時間も少ないです。

また気温が低いので、そのことも関係している可能性も考えられます。

 

ねじれたサンセベリアは元に戻るかわかりませんが、もう少し日当たりのよい場所に置いてしばらく様子をみてみたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

80日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。