ペラペラになった葉が気になり植え替えたピーチプリデ

こんにちは。

今回は、ちょうど生育期を迎えているエケベリア属の多肉植物「ピーチプリデ」の植え替えをしましたので、その植え替えの様子をご紹介します。

ピーチプリデは以前ご紹介した時から、葉は大きく広がり、鉢にの側面に干渉してしまっていることもお伝えしました。
また、肉厚な葉が特徴のピーチプリデですが、株全体の生育のためか、または風通しが悪かったせいかペラペラになってしまった葉もあります。

ピーチプリデは春秋型の多肉植物ということもあり、この機会に植え替えをしたいと思います。

今回の目次

  • UCHIのピーチプリデ
  • ピーチプリデの植え替え
  • 植え替えたピーチプリデ

 

UCHIのピーチプリデ

UCHIのピーチプリデは2019年3月5日にすでに鉢いっぱいに葉が広がった様子をご紹介しました。

 

ピーチプリデはエケベリア属の多肉植物で、日当たりのよい場所を好みますので、窓際のしっかりと日当たりのある場所に置き育てています。

ご紹介から日当たりのよい場所に置き無事2週間ほど経過したのですが、自慢の大きく肉厚な葉の一枚がペラペラになってしまっいました。

 

このピンクの丸の根元部分の葉が、ペラペラになってしまった葉です。

ピーチプリデは大きな肉厚な葉が特徴ですが、鉢が小さく風通しが悪いせいか、または株全体の生長のためなのか詳細はわかりませんが、早めに植え替えをした方がよいのではと考えました。

 

ピーチプリデは春秋型の多肉植物ですので、これからがちょうど生育期になります。
より大きく元気に育てるために、もっと大きな鉢へ植え替えたいと思います。

 

それではピーチプリデの植え替え作業を開始します。

 

ピーチプリデの植え替え

ピーチプリデの鉢はIKEAのBINTJE (ビンチェ)を使いたいと思います。
底に穴がないので水はけが気になりますが、水の与え方で対応していきたいと思います。

 

それではまずはプラスチックの鉢からピーチプリデを抜き出します。

 

 

土がしっかり乾いているので抜き出すのは簡単でした。
この状態では根が詰まっている様子はありません。

 

 

根を軽くほぐして、古い土を取り除き植え替え作業をしました。
UCHIのピーチプリデは以外にしっかりした根で心強いです。

 

植え替えたピーチプリデ

それでは植え替えたピーチプリデをご紹介します。

 

 

これで以前より鉢の間口は広がり、スペースに余裕ができ鉢へ葉の干渉もなくなりました。
風通しもよくなると考えています。

 

 

そしてここでペラペラになった葉を取り除きます。

 

 

取り除いてみると、葉の厚みはなくなりましたが、枯れた様子はなく役目をはたしてくれたのではないかと都合よく考えました。

 

 

植え替えが無事終了しましたので、今回は水を与えました。
エケベリア属は基本的には多湿が苦手でピーチプリデその部類に該当しますが、間口が広いので乾きやすくなったと思います。

 

 

これからはあまりたっぷり水を与えることはせず、このように土の表面を湿らす程度に水を与え、育てていきたいと思います。

 

 

ピーチプリデや以前ご紹介しました、デレンベルギーなどエケベリア属の多く多肉植物がこれからが本格的な生育期になり、育てていく楽しみが増えます。

 

今後またUCHIのピーチプリデの生長の様子もお伝えしいこうと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子