モリモリッぽい雰囲気になったイリアの植え替え

こんにちは。

今回は、春から秋にかけ順調に生長してモリモリッぽい雰囲気になったエケベリア属の多肉植物「イリア」を大きな鉢へ植え替えをした様子をご紹介します。

イリアは春から秋にかけて見違えるように生長して、まるで鉢から溢れ出るいわゆるモリモリといった姿になりました。

しかし「ぽい」とタイトルに付けているには訳があり、本当に理想としていたモリモリとした姿になっているわけではありません。

そこで順調に生長しているイリアをより理想的なモリモリとした姿にするためこのままお手入れをして理想的な姿になるのを待とうかと思いましたが、いっその事、元気なイリアをより大きな鉢に植え替えて、大きな株へと育てもっとより良い姿をご紹介したいといった欲望に駆られてしまいました。

そこでこのまま育てるとこれまでお伝えしていましたが、今より大きな鉢へイリアを植え替えようと思いますので、モリモリッぽい雰囲気になった様子と併せ、その植え替えの作業の様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのイリア
  • イリアを大きな鉢へ植え替え
  • 大きな鉢へ植え替えをしたイリア

 

UCHIのイリア

UCHIのイリアは2020年5月17日に、上へ積み重なるような生長をした様子をご紹介しました。

 

またこのご紹介でも順調に生長を始めたことから、イリアらしいモリモリとした株姿を目指していることをお伝えしました。

その思いが伝わったのかUCHIのイリアはさらに順調に生長を重ね、春から秋の間でモリモリッぽい雰囲気に生長してくれました。

 

しかし「ぽい」と付けているには理由があり、また前回のご紹介時には多少鉢に干渉してもそのまま育てるとお伝えしていましたが、いっその事、この際元気なイリアをより大きな鉢に植え替えて、大きな株へと育て、もっとより良い姿をご紹介したいといった欲望に駆られてしまいました。

そこで大きな株へ育てることを決意し、今より大きな鉢へ植え替えたいと思います。

 

それでは植え替えをする前に、まずはモリモリッぽい雰囲気になったイリアの現在の様子をご紹介します。

 

 

こちらがモリモリッぽい雰囲気になったUCHIのイリアの様子です。

生長してなんとなくモリモリとした雰囲気へ近づいたことがお分かりいただけると思います。

 

 

見る角度によってはこのように鉢から溢れ出る、なかなか理想的な姿を見せてくれています。

 

 

しかし「ぽい」と付けた理由はこちらで、以前からUCHIのイリアの様子をご覧いただいている読者の方はもうお分かりかもしれませんが、先ほどの角度の反対側から見るとこのようにスペースができていて、一方向だけに株が偏っています。

こういった様子から本当に理想としていたモリモリとした姿ではないということです。

 

ですが、この様子は日の当たる方向へ鉢へ向け直して育てればある程度改善できると思います。

しかし順調に生長しているイリアはまだまだ大きな株へと育てることができそうで、またもっとより良い姿をご紹介したいといった欲望に駆られ、元気なイリアをより大きな鉢に植え替えて、大きな株へ育てつつ、次こそ本当のモリモリとした姿を目指したいと思います。

 

それではイリアを今より大きな鉢へ植え替えたいと思います。

 

 

イリアを大きな鉢へ植え替え

イリアを植え替える鉢はこちらのリメ鉢を使います。

 

 

早速植え替えるために、今植えている鉢からイリアを抜き出しました。

 

 

そして古い土や古い根、中には新しい根も交じっていますが、取り除けるものはなるべく全て取り除きました。

 

 

そしてこちらが古い土や古い根を取り除いたイリアの根の様子ですが、手がヨゴレていたのでオートフォーカスでさっと撮影したのですが、ピントが葉の方になっていました。

確認しなかったことが悪いのですが、残念です。

 

 

そして作業していると、このように根が付いたわき芽や葉が数枚取れてしまいました。

このわき芽は空いているプラスチックの鉢に挿し木して育てたいと思います。

 

 

そして新しいリメ鉢に植えたイリアには、無塗装の部分の色が変わる程度水をタップリと与えました。

 

しかしここでふと気が付いたのですが、植え替え直後に水を与えるのが適切なのか、それともしばらく(2.3日)してから水を与えるのが適切なのか、またはどちらでもなくもっと適切なタイミングがあるのかもといった疑問を今さらいだきました。

 

そこで読者のみなさまに質問させていただきます。

 

植え替え後、どのタイミングで水を与えていますか?

投票結果

Loading ... Loading ...

 

因みにですが、かなり前に園芸店の方が、「植物は土の水分が少ないと、新たな場所に水分を探すため根を伸ばし生長する」とおっしゃられていることを思い出しました。

これは元々植えている植物に対してだと思いますが、植え替えをしたばかりでも当てはまるのかわかりませんが、この言葉がいまでも頭の中に残っています。

 

それでは大きな鉢へ植え替えて1日置いた、今日のイリアの様子をご紹介します。

 

 

大きな鉢へ植え替えをしたイリア

思いのほか無塗装の部分は乾ききりませんでしたが、こちらが大きな鉢へ植え替えて1日置いたUCHIのイリアです。

好みがあると思いますが、まずまずな雰囲気に仕上がったのではないかと思います。

 

 

イリアは別名クリスタルとも呼ばれていますが、今のイリアからは以前にも増してクリスタルが積み重なるような雰囲気になっていることが、どことなく伝わってきます。

 

 

少し見る角度を変えてみると鉢にはスペースが多少あり、秋の間にこのスペースを埋める程度生長することを期待したいですが、やや残された生育期間が短いので、どの程度までの変化を遂げるか楽しみにしたいと思います。

 

 

そして根が付いたわき芽はこちらのプラスチックの鉢を使って挿し木しました。

しばらくは日が当たらない場所に置き、また様子を見て日の当たる場所へ移動させたいと思います。

 

 

これまでの意と反してもっとより良い姿をといった欲望に駆られ、モリモリッぽい雰囲気になったイリアを大きな鉢へ植え替えをしました。

次こそはモリモリッぽい雰囲気でなく、モリモリとしたイリアとお伝えできる様子をご紹介できればと考えています。

 

秋の間に考えている姿へと育てることができるかわかりませんが、またイリアがいい感じに育てられればその時の様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したイリアの基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去のイリアの様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。