葉焼けさせてしまったパキラ

こんにちは。

今回は、パキラ属の人気の観葉植物「パキラ」をご紹介します。

このパキラは300均で購入した小さなパキラで正式な品種名がわかりません。

一般的に観葉植物として販売されているは「アクアティカ」と「グラブラ」という品種のようですが判断がつかないためパキラとしてご紹介していこうと思います。

そして今回ご紹介するパキラはグングンと実感できるほど短期間で生長していますが、気になることもありますのでその様子をご紹介します。

今回の目次

  • パキラについて
  • UCHIのパキラ
  • パキラの葉の状態の改善

 

パキラについて

パキラは先のとがった楕円形風の長い葉が印象的で、カフェなどでもよく飾られていることからインテリアによく映えおしゃれな印象で人気の観葉植物です。

また冒頭でもご紹介しましたが、一般的にパキラとして観葉植物として販売されているパキラは、パキラ・グラブラかパキラ・アクアティカという品種のようで、なかなか区別が難しいようです。

 

しかしパキラは花が咲くようで、もし今後花が咲くようでしたらその様子をご紹介して品種を特定したいと考えています。

 

 

またパキラの育て方としては日当たりを好むようですが、耐陰性があるので屋内でも管理しやすく、生長も早いので初心者でも育てやすいようです。

そして生育期の5月ぐらいから7月中は、できれば室内の日当たりのよい場所へ置いてあげるほうが元気に育つという情報もありました。

※室内で育てているパキラをいきなり直射日光に当てると「葉焼け」の原因になるので避けたほうがいいです。

また、見た目のおしゃれな雰囲気だけではなく若干になると思いますが空気清浄化の効果(ホルムアルデヒド除去効果)や消臭効果も期待できるようです。

 

それではUCHIのパキラをご紹介します。

 

 

UCHIのパキラ

UCHIのパキラは300均で購入した小さなパキラです。

生育期の8月上旬に購入したのですが、短期間で認識できるぐらい背が伸びたような気がしています。

 

しかし知識がたらず、よかれと思いパキラを順化せずいきなり日当たりのよい場所に置いたせいか葉焼けさせてしまいました。

 

 

パキラの葉は瑞々しい緑ではなく、カサカサした少しくすんだ緑色になってしまいました。

 

 

一方こちらはUHCIにあるもうひとつのパキラで、背丈が約1.7mほどの大きさがあるのですが、そのパキラの葉はこの写真のように光沢がありみずみずしい様子です。

 

 

また一部では葉が薄くなり透けているような部分もあります。

元気なパキラにしたいので葉の色の改善とみずみずしさを取り戻してあげたいと思います。

 

 

パキラの葉の状態の改善

まずは状態から見て少し水の量が少ないのかなと思いました。

水は与えすぎると根腐れの原因となるのですが、生長期にはたっぷり水を与えてあげないといけないのですが、当初は底に穴が空いていない鉢植えをつかっていたので少し控え気味にしていた部分が影響している可能性があるのかと考えました。

 

因みによく「たっぷり水を与える」と表現されている水の与え方ですが、このたっぷりとは「鉢の水受け皿に水が少し溜まる」といったイメージのことを表現しているようですので参考にしたいと思います。

 

次に、日当たりの改善ですが、このような状態になったのは少し窓越しに直射日光が当たりすぎていた可能性があります。

パキラは日当たりを好むようですが、ショップで売られているなような室内で管理されている状態からすぐに日当たりのよい場所に置いたのが葉焼けの原因になったのだと思います。

今回は少し日当たりの緩い場所に置き換えました。

 

次に、ガジュマルでも取り入れた葉水です。

葉水は、ほこりや汚れを落とせるほかに病害虫予防にもなるので、パキラにも取り入れこまめにやっていきたいです。

瑞々しい葉を保つには欠かせない作業だと思っています。

最後にガジュマルでも使用したハイポネックスを使います。

パキラは現在(10月中旬)肥料などを与える時期としては適していないようですが、少し与えてみたいと思います。

 

 

しかし後で得た情報で、一度葉焼けしてしまった葉をもとの状態へ戻すことは不可能だとわかりました。

このように葉焼けさせてしまった場合、新しい葉へと変わる以外に方法はないようです。

 

葉焼けさせたパキラはしばらくこのまま様子を見て、今後パキラも変化があればまたお伝えしたいと思います。

 

いつも最後までお付き合いいただきありがとうございます。

今後も試行錯誤の様子を更新していきますのでよろしくお願いいたします。

 

その後の様子

100日後の様子をご紹介します。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。