植え替えと生育期の影響を十分に活かせたベンジャミン

おはようございます。

今回は、植え替えと生育期の影響を十分に活かせたフィカス属の観葉植物「ベンジャミン」の様子をご紹介します。

UCHIのベンジャミンは前回2回目の剪定をしましたが、内側の葉が少なくなかなかスカスカな状態を改善できずにいたのですが、先月植え替えたことと、ちょうど今が生育期ということが影響してか、以前のスカスカな状態から少しは改善できたのではないかと思います。

また新芽が伸び始めていますので、上や左右へ伸び始めた新芽をカットしてカタチを整え、より内側の密度を増やすことができればと考えて今回は3回目の剪定をしましたのでその作業の様子と、前回水挿しにしたベンジャミンの現在の様子も併せてご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのベンジャミン
  • ベンジャミンの剪定
  • 水挿しにしたベンジャミン
  • 剪定したベンジャミン

 

UCHIのベンジャミン

UCHIのベンジャミンはに植え替えをご紹介しました。

 

その後に2回目の剪定をしました。

 

そして2二回目の剪定をしてから1ヶ月が経ち、前回の剪定前よりもフサフサと葉が茂った状態になりました。

ここまで葉が増えたのは植え替えと生育期の影響を十分に活かせたのではないかと思います。

 

それでは新芽もしっかりと生長したベンジャミンの様子をご紹介します。

 

 

以前よりもベンジャミンは内側までしっかり葉が増えたのではないかと思います。

 

 

まだしっかりと密集しているとまでは言い切れませんが、以前のスカスカの状態から考えるとかなり内側にも葉が増えたといえます。

 

 

ベンジャミンはリビングの窓際に置いているので、毎日朝から夕方まで日にしっかりと浴び新芽も古い大きな葉のサイズにまでグングンと生長しています。

 

 

ベンジャミンは植え替え後トラブルもなく、現在の様子かるすると無事しっかりと根付いたのではないかと考えています。

 

また春から秋はベンジャミンの生育期なので、多少は肥料などの効果もあると思いますが、新しい土に植え替えたことと生育期ということが現在の生長に繋がる良い影響を与えたのではないかと思います。

そして今はベンジャミンに勢いがあり、生育期としてもまだ期間があるので、この機会に剪定して上や左右などへ伸び出している茎などをカットしてより内側の密度を増やしたいと思います。

 

それでは3回目の剪定を始めます。

 

 

ベンジャミンの剪定

まずこの写真が剪定を始める前のベンジャミンです。

この状態から変化す様子をご紹介しようと思いますが、やはりインテリアグリーンは見た目の姿も重要なので密度のことだけではなく、できるだけきれいな丸型にしたいと考えています。

 

 

まずは明らかに飛び出ているような葉や茎をカットしました。

 

 

さらに何度も遠目やカメラで確認しながら丸みが出るよう切り進めました。

 

 

ここまででもなかなかいい感じになってきました。

さらに作業を進めます。

 

 

いい感じに仕上がってきたので、微調節などを繰り返しました。

しかし腕前はまだまだ素人なので、ほどほどで止めておこうと思います。

 

 

今回カットした葉や茎はこれぐらいの量です。

ほとんどが飛び出た新芽です。

 

この新しい茎付きの葉は水挿しや挿し木で増やすことができるのですが、前回の剪定したときカットした茎を水挿しにしましたので、水挿しにしたベンジャミンの様子をご紹介します。

 

 

水挿しにしたベンジャミン

半信半疑でカットした茎を水挿しにしたのですが、そのうち2本の茎が発根しました。

 

 

発根した根はこのようにしっかりと生長しています。

しかし残りの数本の茎からは根は生えず、葉が変色したりしてしまいました。

 

 

今回はこの発根した水挿しにしたベンジャミンを土へ植えたいと思います。

 

 

このようにビニールポッドに植えました。

しばらく様子を見て屋外で育てようかと考えています。

 

それでは剪定を終えたベンジャミンをご紹介します。

 

 

剪定したベンジャミン

まだまだうまく剪定して販売されているようなきれいな丸型にすることはできませんが、前回よりはいい感じに仕上がったと思います。

 

 

剪定したベンジャミンはまたすぐに茎を伸ばし葉を付けると思います。

 

 

今回もカットした比較的に元気がよさそうな葉が付いた茎を水挿しにしました。

ちょっと無理やり数本をビンに押し込みましたが、またこの水挿しにしたベンジャミンが発根したら土へ植えてあげようと思います。

 

 

しかし角度によってはUCHIのベンジャミンはまだ隙間が目立ちますが、これからもこまめに剪定して上や左右へのびる新芽をカットしてできるだけ内側の密度も増やしていきたいと考えています。

 

もしベンジャミンがスカスカになったのであれば一つの参考事例として頂ければと思います。

 

※先日このブログでご紹介している観葉植物や多肉植物の室内での育て方に特化した育て方をご紹介するサイトを公開しました。

もしよければベンジャミンの育て方も紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。