謎が多いベビーフィンガー

おはようございます。

今回は、かわいい謎が多い多肉植物「ベビーフィンガー」をご紹介します。

詳しい情報があまりなく、パキフィツム属の多肉植物だということぐらいしか正確な情報がわかりませんでした。
しかし、見た目がとてもかわいいので思い切って今わかる情報でご紹介します。

今回の目次

  • ベビーフィンガーについて
  • ベビーフィンガーの育て方
  • UCHIのベビーフィンガー

 

ベビーフィンガーについて

色々調べた情報では、パキフィツム属の多肉植物のようです。
パキフィツム属は基本的には葉がふっくらとしたものが多く、ベビーフィンガーもその部類に当てはまります。

葉の色も、少し前にご紹介しました、パキフィツム属の「桃美人」と似ており、

柔らかいグリーンと葉の先がほのかにピンクになっています。
これは時期的なものの可能性もあります。

 

アマゾンで売られているベビーフィンガー

調べているうちに「ベビーフィンガー」という名前じたいが正式な名称か疑問に感じてきました。

余り詳しく紹介されているような情報がないので、ベビーフィンガーの育て方がイマイチはっきりしませんが、パキフィツム属全般の育て方をご紹介します。

 

ベビーフィンガーの育て方

※ベビーフィンガー固有のものとは異なる場合があります。
基本的にパキフィツム属は風通しがよく、日当たりが良い場所を好むようですが、高温多湿が苦手のようです。

 

日当たり

年中日当たりのよく、風通しのよい場所がいいと思います。
強い日差しや直射日光は避けるようにしましょう。

 

水やり

基本的には乾かし気味に育て、春と秋は土が乾いたら水を与え、夏は高温多湿が苦手ですので乾かし気味にし、冬は時折湿らす程度に与えます。

 

冬越し

冬は室内で冬越しするのが無難ですが、風通しの良い場所を確保するのがおすすめです。

 

増やし方

春と秋に株分けや挿し木で増やせると思いますが、葉挿しで増やすのが無難だと思います。

 

UCHIのベビーフィンガー

UCHIのベビーフィンガーは小さいのでまだ「フィンガー」というようなイメージには育っていないです。

しかし、小さくふっくらした葉はとてもかわいいです。

 

 

葉先がほのかなピンクでツンと尖っています。

 

 

ベビーフィンガー上から見た印象もかわいいです。

 

 

しっかりとした肉厚な葉が、隙間なく重なるように密集して生えています。
多湿にならないよに気を付ける必要がありそうです。

 

育てていくともう少し葉が伸びるのでしょうか。
気になるのが、病気でなければいいのですが、葉に小さな点々のようなものが無数にあるのが気になります。

これからまたベビーフィンガーの生長の様子もご紹介していきたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。