キレイな色合いのぷっくりとした葉がかわいいアイボリー

おはようございます。

今回は、エケベリア属の多肉植物「アイボリー」をご紹介します。

アイボリーはふっくらとした色合いがキレイな葉が特徴で、その様子がとてもかわいい多肉植物です。

また葉先がピンと尖っていて、ピンクに色づいている特徴もあります。

※この多肉植物は以前「ベビーフィンガー」としてお伝えしていましたので、間違いに気づきましたので内容を修正しています。

今回の目次

  • アイボリーについて
  • アイボリーの育て方
  • UCHIのアイボリー

 

アイボリーについて

アイボリーは春秋型のエケベリア属の多肉植物で、ぷっくりとした肉厚な葉が特徴です。

全体的にはきれいな淡いグリーン系の色をしていますが、葉先がピンクに色づいている様子がまた一段とアイボリーの可愛さを引き立てています。

 

葉の色合いは、少し前にご紹介しました、パキフィツム属の「桃美人」と似ています。

 

アイボリーはエケベリア属の多肉植物ですが、葉が肉厚なので一見して、パキフィツム属なのかとも思いました。

まずはそんなアイボリーの育て方をご紹介します。

 

 

アイボリーの育て方

アイボリーは日当たりが良い場所を好みます。

また多くの多肉植物同様に、高温多湿が苦手のようです。

 

日当たり

年中日当たりがよく、風通しのよい場所がいいと思います。

強い日差しや直射日光は避けるようにします。

 

水やり

基本的には乾かし気味に育て、春と秋は土が乾いたら水を与えます。

夏は高温多湿が苦手ですので乾かし気味にし、冬は時折湿らす程度に与えます。

 

増やし方

春と秋に株分けや挿し木で増やせると思いますが、葉挿しで増やすのが無難だと思います。

 

より詳しいアイボリーの育て方はこちらでご紹介します。

 

 

UCHIのアイボリー

UCHIのアイボリーはとても小さいですが、この淡い色合いが醸し出す雰囲気がとても気に入っています。

 

 

先ほどもお伝えしましたが、アイボリーの葉は葉先がほのかにピンクに色づいていて、先がツンと尖っている特徴があります。

 

 

アイボリーは上から見た印象もかわいいです。

 

 

肉厚な葉は、隙間なく重なるように密集しています。

この様子から内側が多湿にならないよに、気を付ける必要がありそうです。

 

 

育てていくともう少し葉が伸びる可能性もありますが、今後どんな姿になるのか楽しみです。

 

しかしこんなかわいいアイボリーですが気になることもあります。

それは葉に小さな点々のようなものが無数にあることですが、何か特別な対処をする必要はないかと考えています。

 

また今後アイボリーに変化があれば、その様子もご紹介していきたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

85日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。