うっすらとピンクに色づいたアイボリー

おはようございます。

今回は、うっすらとピンクに色づいたエケベリア属の多肉植物「アイボリー」の植え替えをしましたのでその様子をご紹介します。
アイボリーは別名でケペルとも呼ばれていてUCHIでは以前までベビーフィンガーという品種だと勘違いをしていました申し訳ありません。

アイボリーも小さなプラスチック系の鉢のままで、このままでは生育に支障が出てしまいますので、植え替えをします。

今回の目次

  • UCHIのアイボリー
  • アイボリーの植え替え
  • 植え替えたアイボリー

 

UCHIのアイボリー

UCHIのアイボリーは2019年1月8日にご紹介しました。

 

この時はアイボリーをベビーフィンガーと誤解してご紹介していました。
申し訳ありません。

アイボリーは先が尖っていてぷっくりとした葉が特徴のエケベリア属の多肉植物です。

エケベリア属の多肉植物は以前ご紹介しました、デレンベルギーなどのように葉の厚みが少なくロゼット状に広がる印象が強いです。

 

そしてUCHIのアイボリーは今そのぷっくりと肉厚な葉がピンク系のに色づいてきました。

まずはその色づいた様子からお伝えしたいと思います。

 

紅葉なのでしょうか、アイボリーの葉がピンクに色づいています。
しかしご紹介の時から3ヶ月ほど経ちますが、葉の大きさ自体の変化はあまり感じません。

 

 

ですが、このようにアイボリーの葉が鉢に干渉しそうです。

アイボリーは春秋型の多肉植物ですので、これからますます生長すると思います。
時期的にもいいのでアイボリーを植え替えます。

 

アイボリーの植え替え

今回は先日100円ショップの素焼きの鉢で制作しました、アイボリーのリメ鉢に植え替えます。

 

 

まずは作業台へ移動しました。

 

 

アイボリーを鉢から抜き出してみると、根回りするほど根が張り巡っている様子はありません。

あとは根をほぐし、古い土を取り除いて植え替えるだけです。

 

今回も無事トラブルなくアイボリーの植え替えを終えました。

 

植え替えたアイボリー

それでは植え替えたアイボリーをご紹介します。

 

今は少し鉢の方が大きな印象がありますが、全体的にはいい感じに仕上げりました。

 

 

ふっくらとした葉がかわいいです。
また尖った葉先のピンクがより引き立っています。

 

 

中心部分はグリーン系の色をしていてピンクとのコントラストが微妙な感じです。

 

 

相変わらずUCHIのアイボリーは葉に点々とそばかすのような症状があります。
特に悪さをしている様子はありませんので、この葉もこのままにしておきます。

 

 

今回は植え替えたので、たっぷり水を与えました。

 

 

新しいデザインのアイボリー色の鉢に植えたました。
これから増やすのにもよい時期なので葉挿しを仕込みたいのですが、もう少し大きく生長してからチャレンジしたいと思います。

また今後アイボリーに変化がありましたら、その様子をお伝えしたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。