うっすらとピンクに色づいたアイボリー

おはようございます。

今回は、うっすらとピンクに色づいたエケベリア属の多肉植物「アイボリー」の植え替えをしましたので、その様子をご紹介します。

アイボリーは別名でケペルとも呼ばれていて、UCHIでは以前までベビーフィンガーという品種だと勘違いをしていました申し訳ありません。

そのアイボリーは小さなプラスチック系の鉢に植えたままで、今後このままではもちろん生育に支障が出てしまいますので、より大きな鉢へ植え替えをしたいと思いますので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのアイボリー
  • アイボリーの植え替え
  • 植え替えたアイボリー

 

UCHIのアイボリー

UCHIのアイボリーは2019年1月8日に、キレイな色合いのぷっくりとした葉の様子を交え、初めてのご紹介しました。

 

この時はアイボリーをベビーフィンガーと誤解してご紹介していました。

申し訳ありません。

 

アイボリーは先が尖っていて、ぷっくりとした葉が特徴のエケベリア属の多肉植物です。

そのぷっくりと肉厚な葉が今ピンク系に色づき始めました。

 

それではまずその色づいたアイボリーの様子をご紹介します。

 

 

紅葉なのでしょうか、アイボリーの葉がご覧いただいているようにピンクに色づいています。

しかし前回のご紹介からもう3ヶ月ほど経ちますが、葉の大きさなどの変化はあまり感じません。

 

 

しかしこのようにアイボリーの葉が今にも鉢に干渉しそうです。

アイボリーは春秋型の多肉植物ですので、これからますます生長すると思います。

また時季的にも最適ですので、この機会にアイボリーを植え替えたいと思います。

 

 

アイボリーの植え替え

今回は先日100円ショップの素焼きの鉢で制作しました、アイボリーのリメ鉢に植え替えます。

 

 

まずは作業台へ移動しました。

 

 

アイボリーを鉢から抜き出してみると、根詰まりするほど根が張り巡っている様子はありません。

この後は古い土を取り除いて、リメ鉢へ植え替えるだけです。

 

それではリメ鉢へ植え替えたアイボリーをご紹介します。

 

 

植え替えたアイボリー

今は少し鉢の方が大きな印象がありますが、全体的な雰囲気からはいい感じに仕上がったと思います。

 

 

やはり何度見ても、アイボリーのこのふっくらとした肉厚な葉はとてもかわいいです。

また尖った葉先のピンクが、より個性的なかわいい雰囲気を引き立っています。

 

 

中心部分は淡い緑系の色をしていて、ピンクとのコントラストが絶妙な感じです。

 

 

相変わらずUCHIのアイボリーは葉に点々とした、そばかすのような症状があります。

特に悪さをしている様子はありませんので、この葉もこのままにしておきます。

 

 

そして今回は植え替えたので、たっぷり水を与えました。

 

 

UCHIのアイボリーは、新しいデザインのアイボリー色の鉢に植え替え、まずまずな仕上がりになりました。

これからアイボリーを増やすのにもよい時季なので、機会があれば葉挿しで増やすこともしてみたいですが、もう少し株が大きく生長してからチャレンジしたいと思います。

 

また今後アイボリーに新たな変化がありましたら、その様子をお伝えしたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

289日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければ、このブログをシェアして頂けると幸いです。