3日で十分なアーモンドネックレス(京童子)の水挿し

おはようございます。

今回は、3日前にセネシオ属の多肉植物「アーモンドネックレス」を水挿しにしたその後の様子をご紹介します。

少し大げさなタイトルしたのは、あまりにも発根が早かったので、少し驚いたからです。

こんなに早くアーモンドネックレスが発根したのにはある理由があるからなのですが、発根したアーモンドネックレスは早速土に植えましたのでその作業の様子と発根が早かった理由を併せてご紹介します。

今回の目次

  • アーモンドネックレスの水挿し
  • アーモンドネックレスの水挿しを土に植える
  • 新たなアーモンドネックレスの水挿し
  • 茎をカットしたアーモンドネックレス

 

アーモンドネックレスの水挿し

 

 

そしてわずか3日でこの3種類のうち

 

 

それは白くて太い根発根して伸びたことです。

 

無難にもう少しこの根を伸ばそうかと思いましたが、このアーモンドネックレスは挿し木にして(土に植え)今後の様子を観察したいと思います。

 

 

アーモンドネックレスの水挿しを土に植える

アーモンドネックレスはこの黒のビニールポッドに植えます。

 

水挿しにしていたアーモンドネックレスを抜き出しました。

よく観察すると、白くて太い根が4本も発根していました。

 

この白くて太い根がわずか3日でここまで伸びた理由ですが、

 

これは以前公開していなかった写真で、水挿しにしやすいよう茎の一番下の葉を一枚除去した様子ですが、この写真には白い気根があることがしっかり写っています。

今回アーモンドネックレスがわずか3日で白くて太い根が伸びたのは、この気根が機能していて、水につけたことがきっかけで根をグングンと伸ばしたのだと考えています。

 

それでは勢いのあるアーモンドネックレスの茎を早々に土に植えたいと思います。

 

 

作業は簡単で、ビニールポッドに土を入れアーモンドネックレスを挿し木にしました。

後はしばらく日陰で様子を見守りたいと思います。

 

 

 

新たなアーモンドネックレスの水挿し

 

 

 

この植え替えから約半月経過した様子をご紹介します。

 

 

上向きの茎が少し伸びた感じがあり、水挿しにするため一本の伸びた茎はカットしていますが、それ以外はあまり大きな変化はありません。

 

 

今回も水挿し用に、ピンクの丸の気根がある少し上の部分をカットして、前回のように水挿しにしたいと思います。

 

 

カットした

これで前回同様に気根を水につけることができます。

 

 

これでまた新たな水挿しをすことができました。

またすぐに根を伸ばすと考えていますが、今回はもっと根を伸ばしてから土に植えるようにしたいと考えています。

 

 

茎をカットしたアーモンドネックレス

 

伸びた茎をカットしたので、特徴の長く伸びた茎はなくなり少し寂しくなった

 

 

しかし葉はぷっくりと大きく株自体は元気そうですので、これからまた新たな姿を見せてくれると考えています。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

104日後の様子をご紹介します。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。