ピーチネックレスの挿し木と植え替え

こんにちは。

今回は、茎が伸びて生長を感じるセネキオ属の多肉植物「ピーチネックレス」の植え替えと挿し木をした様子をご紹介します。

ピーチネックレスは購入したままのビニールポッドに植えたままですが、生育期ということもあり茎がグングンと伸びてきました。
植え替えや増やす作業をするのに時期もいいので、伸びた茎をカットして挿し木にし、今植えてあるビニールポッドからリメイクした素焼きの鉢へ植え替えもしたいと思います。

今回の目次

  • UCHIのピーチネックレス
  • ピーチネックレスの挿し木の準備
  • ピーチネックレスの植え替え
  • ピーチネックレスの挿し木
  • 植え替えたピーチネックレス

 

UCHIのピーチネックレス

UCHIのピーチネックレスは2019年4月6日に初めてご紹介しました。

 

このご紹介の時は葉のカタチなどについてお伝えしました。

ご紹介から2週間した経過していませんが、ピーチネックレスは春秋型の多肉植物で今が生育期ということもあり、グングンと茎が伸び生長している様子がうかがえます。

 

伸びた茎をカットして挿し木にするのにも最適な時期ですので、一部をカットして挿し木にし、ビニールポッドのままのピーチネックスの植え替えもしたいと思います。

 

まずは現在のピーチネックスの様子をご紹介します。

 

2週間でかなり茎が伸びました。
これからもグングンと伸びると思います。

 

 

新しい葉が次から次へと芽生えています。

 

 

この伸びた茎をカットして挿し木にします。

それでは早速ピーチネックレスの挿し木の作業を始めます。

 

ピーチネックレスの挿し木の準備

自己流ですが、ピーチネックレスの挿し木として、この気根の部分より上でカットして挿し木にしようと思います。

 

 

このようにカットしました。
少し切り口を乾かせてから土に挿します。

乾かせている間にピーチネックレスの植え替えの作業をします。

 

 

ピーチネックレスの植え替え

作業台へ移動しました。
挿し木用にカットしましたが、ピーチネックレスも同じセネキオ属のグリーンネックレスのように垂れ下がらせて飾れるのが魅力のひとつです。

 

垂れ下がらすために長い茎も残しました。

 

 

まずビニールポッドからピーチネックレスを抜き出しました。

 

 

今回は100円ショップの素焼きの鉢に珪藻土をベースにアイボリー系に仕上げた鉢を使います。

 

 

あとは根をほぐして植え替えるだけです。

 

その前に先に挿し木の作業をします。

 

ピーチネックレスの挿し木

挿し木は先ほどまでピーチネックレスを植えていたビニールポッドと、空いているビニールポッドを使います。

 

 

作業は簡単で、このようにビニールポッドの上にピーチネックレスのカットした茎を置き軽く土を被せます。

 

 

今回は気根がありましたので、その部分に土を被せるようにしました。

 

あとは水を霧吹きでかけ日陰で様子を見守ります。

 

それでは植え替えたピーチネックレスをご紹介します。

 

植え替えたのピーチネックレス

なかなかいい感じに仕上がりました。
これからまた茎が伸びて理想的な印象になると考えています。

 

 

窓際に置きしっかり日に当て生長させたいと思います。

 

 

茎をカットし挿し木にしましたが、このように新しい茎と葉が次々と芽生えています。

 

 

ピーチネックレスの特徴の桃のようなカタチをした葉もきれいでかわいいです。

 

 

無事植え替えと挿し木しを終えたピーチネックレス。

これからどのような生長した姿を見せてくれるのか楽しみです。
またピーチネックレスの生長した様子と挿し木に変化がありましたらお伝えしたいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子