大粒の葉が印象的なアーモンドネックレス(京童子)

おはようございます。

今回は、先日ホームセンターに立ち寄ったときに購入した、セネシオ属の多肉植物「アーモンドネックレス」をご紹介します。

アーモンドネックレスは別名 京童子(キョウドウジ)とも呼ばれ、夏型に分類される多肉植物です。

他の(流通名に)ネックレスと名が付く品種と比べると、茎が太く、葉が大粒なのが印象的で、そんな様子なども含めご紹介をします。

今回の目次

  • アーモンドネックレスについて
  • アーモンドネックレスの育て方
  • UCHIのアーモンドネックレス

 

アーモンドネックレスについて

アーモンドネックレスは冒頭でもご紹介したように、セネシオ属の夏型の多肉植物で、和名で京童子(キョウドウジ)としても周知されています。

 

そしてアーモンドネックレスは名前からも連想できるように、アーモンドのようなカタチの葉が印象的で、その葉は大粒で縦縞が入っています。

 

このカタチは同じネックレスシリーズのオトンナ属の多肉植物「ルビーネックレス」とも似ています。

 

またアーモンドネックレスにも光を取り込む半透明の窓があり、この辺りは同じセネキオ属のグリーンネックレスと同じ性質を持っています。

 

またアーモンドネックレスは茎がやや太いことも特徴のひとつです。

 

そんなアーモンドネックレスは、育てやすく増やしやすい多肉植物ですが、多湿な環境は苦手で、葉にしっかりと水分をため込むようですので、水の与え過ぎには注意が必要です。

 

それではまずアーモンドネックレスの育て方をご紹介します。

 

 

アーモンドネックレスの育て方

アーモンドネックレスは日当たりを好み風通しの良い場所を好みます。

多湿が苦手なので水の管理には注意が必要です。

 

日当たり

日当たりを好みますが、直射日光や強い日差しは避け、遮光されたような柔らかな日が当たる場所が最適です。

またしっかりと日に当てることで、特徴のひとつの縦縞がきれいにでるようです。

 

水やり

基本的には乾かし気味にし、春から秋は土が乾いたら水を与え、冬は乾かし気味に管理します。

また夏は高温多湿にならないように注意して、夕方など涼しい時間に水を与えるようにします。

 

冬越し

冬は室内の日の当たる場所なら無難に冬越しできます。

 

増やし方

挿し木や株分けで増やすことができます。

 

それではUCHIのアーモンドネックレスをご紹介します。

 

 

UCHIのアーモンドネックレス

アーモンドネックレスはご覧いただいているように、とても元気そうな様子です。

縦縞の入った大粒の葉と、太い茎が特徴的で、この株には花をつける茎が長く伸びています。

 

 

きれいな大粒の葉にはしっかりと水分を溜め込んでいて、とても乾燥に強い性質をもっています。

しかしUCHIのアーモンドネックレスは今まで日当たりが悪かったのか、特徴の縦縞が若干薄めのような気もします。

 

 

アーモンドネックレスにも光を取り込む半透明の窓があります。

 

 

アーモンドネックレスの茎は太く、同じセネキオ属の多肉植物「ピーチネックレス」などと比べて一目瞭然です。

 

またこの茎をカットして、挿し木することや、水挿しで増やすことができます。

 

 

こちらがアーモンドネックレスの、長く伸びた花を付ける茎です。

もうすぐ花が咲くのではないかと思います。

 

 

またこのように、伸びた茎から新しい葉が芽生えています。

 

 

まだ購入して間もないのでビニールポッドに入れたままですが、また機会をみて植え替えをしたいと考えています。

 

またアーモンドネックレスの植え替えをする場合は、その様子をご紹介したいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

7日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。