壁掛けにしたピーチネックレスと二度目の挿し木の変化

おはようございます。

今回は、セネシオ属の多肉植物「ピーチネックレス」を壁掛けにしたのでその様子と挿し木にしたピーチネックレスのその後の変化をご紹介します。

これまでピーチネックレスは風通しの良い窓際で育てていましが、ルビーネックレスの状態が悪化し窓際へ移したので、空いたスペースにルビーネックレスを100均グッズを使って壁掛けにしました。

また前回挿し木にしたピーチネックレスに変化がありましたので、水挿しにしたピーチネックレスの現在の様子と併せてご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのピーチネックレス
  • 挿し木と水挿しにしたピーチネックレスのその後
  • 壁掛けにしたピーチネックレス

 

UCHIのピーチネックレス

UCHIのピーチネックレスはに植え替え後の様子と挿し木に再挑戦した様子を併せてご紹介しました。

 

このご紹介からまだ一ヶ月ちょっとしか経過していませんのが挿し木の方に変化がありましたのでその様子をご紹介しようと思いますが、まずは親株の現在の様子からご紹介いたします。

 

 

ピーチネックレスは多少茎は伸びた印象がありますが、あまり目立つ変化はありません。

 

 

葉の状態もよく、光を吸収する半透明の窓がより果物の桃(ピーチ)の真ん中のくぼみのようなイメージに見えます。

 

 

今回お伝えできるピーチネックレス一番の変化といえば、この茎の先端部分の葉が以前より大きくなったことぐらいです。

 

 

また新しい葉も芽生え、生育は順調のようです。

 

それでは変化があった挿し木の様子と同じ時期に水挿しにしたピーチネックレスをご紹介します。

 

 

挿し木と水挿しにしたピーチネックレスのその後

難しい・・・

またもピーチネックレスの挿し木は失敗です。

 

 

この白のビニールポッドに植えた挿し木は完全に干からびたように枯れてしまいました。

 

 

こちらの挿し木は3枚だけ葉が残っていて、その付近の茎もまだ枯れてはいないですが、土の方の茎や葉は完全に枯れてしまっています。

 

またも失敗です。

 

 

一方水挿しにしたピーチネックレスも瓶に入っていない部分の葉が枯れ始めています。

 

 

観察の為水から出しました。

左側のピンクのマルの部分が枯れた葉です。

また右側のピンクのマルが茎の部分で、気根がある部分ですが、ここから根が伸びることを想定していましたが、まだその様子がまだありません。

 

またに壁掛けにしていたルビーネックレスをより風通しの良い場所へ避難させましたが、状態は難しいといっていい状態です。

 

しばらくワークスペースに戻すよりは当分風通しの良い場所で過ごすさせることが懸命だと思いますので、代わりにこのピーチネックレスを壁掛けにしようと思います。

 

 

壁掛けにしたピーチネックレス

このようにグリーンネックスは順調に生長していますが、ルビーネックレスが体調不良のため席を空けていますので、この位置にピーチネックレスを100均グッズを使って壁掛けにします。

 

 

もちろん簡単にできますが、この素焼きの鉢では間口のサイズが狭いので底にはピッタリと着きません。

 

 

結果的に同じセネシオ属の多肉植物で並ぶことになりました。

ルビーネックレスが回復したらまた3種類でここへ並べたいと思います。

 

 

ここはそれなりに日も当たるのですが、室温が高いのが難点です。

水やりには注意が必要です。

 

 

リメ鉢に植えたピーチネックレスも壁掛けにしてここで育てることになりました。

挿し木は二度失敗しているので、諦めず秋にまた再々挑戦したいと考えています。

それまでにもう少し成功させる為の知識をインプットしておきたいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。