ピーチネックレスの成功と失敗

おはようございます。

今回は、植え替えと挿し木をしたセネシオ属の多肉植物「ピーチネックレス」のその後の成功と失敗の様子をご紹介します。

植え替えたピーチネックレスは生育期ということもあり、茎をグングンと伸ばし生長している様子がうかがえ、葉の色も少し濃くなったような印象を受けています。

しかし挿し木にしたピーチネックレスは考えていたような理想的な状態ではありません。

おそらく自己流の挿し木にしたやり方に問題があるのではないかと考えています。

そこで成功した植え替えと失敗した挿し木のそれぞれのピーチネックレスの様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのピーチネックレス
  • ピーチネックレスの挿し木のその後
  • ピーチネックレスの挿し木に再挑戦
  • 伸びた茎を挿し木用にカットしたピーチネックレス

 

UCHIのピーチネックレス

UCHIのピーチネックレスは2019年4月20日に、植え替えと挿し木をした様子をご紹介しました。

 

このご紹介から約1ヶ月経ち、この作業の成功と失敗がはっきり分かれる結果になりました。

まずは成功したといってもよい、植え替えをしたピーチネックレスの現在のご紹介します。

 

 

こちらがビニールポッドから100円ショップの素焼きの鉢で作った、リメ鉢に植え替えたピーチネックレスです。

挿し木のために茎をカットしましたが、そのカットする前よりも茎が伸びて、順調に生長している様子がうかがえます。

 

 

置いている場所は、昼以降に日が強めに当たる場所(西日が当たる場所)ですが、UCHIのピーチネックレスにはその場所は快適のようで、葉もイキイキとした様子です。

 

 

茎が鉢から伸びて垂れ下がる様子がかわいいピーチネックレス。

しかし気になることもあり、葉や茎が少しベタベタするような、イヤな感触があります。

このベタベタするような症状は、以前グリーンネックレスが枯れた時にも、このような感触があったので少し心配です。

 

万が一に備え、早くピーチネックレスを増やしたいのですが、UCHIでは以前からネックレスと呼ばれる多肉植物を増やすことになかなか成功していません。

ピーチネックレスも前回挿し木にしていますので、その挿し木にして約1ヶ月経ったピーチネックレスの様子をご紹介します。

 

 

ピーチネックレスの挿し木のその後

ピーチネックレスの挿し木は、この写真からお分かりいただけると思いますが、残念ながら失敗です。

 

 

カットした茎の下の方となる、葉と茎が変色して縮れてしまっています。

かろうじで上の方には葉が残っていますが、このままでは枯れてしまうと考えられます。

 

 

そして白のビニールポッドに挿し木した方はさらに酷く、全ての葉が縮れて枯れています。

 

この様子は2019年3月17日に、挿し木にしたグリーンネックレスも同じ状況です。

 

 

こちらがそのグリーンネックレスで、ピーチネックレス同様に、茎や葉が縮れて枯れています。

 

この結果から考えると、やり方(挿し木にした方法)に問題があるのではないかと思います。

そこでピーチネックレスを増やす時季として今はまだ可能ですので、改めてもう一度ピーチネックレスの挿し木に再挑戦します。

 

 

ピーチネックレスの挿し木に再挑戦

このようにピーチネックレスの挿し木用に、以前ご紹介したように親株から伸びた茎を改めてカットしました。

 

 

そしてご覧いただいているように、土へ挿し木しました。

 

 

このように一部を土に挿し、根が出ている部分を土へ向けるまでは前回と同じやり方です。

しかし前回と同じやり方ではまた失敗してしまうと考えられます。

 

 

そこでより茎に土を多くかぶせるようにしました。

そしてしっかりと土を湿らせました。

この湿らし気味の土の状態をいかに維持できるかがポイントになるのではないかと考えました。

 

 

そして他の増やすことに難易度が高い多肉植物でも、比較的に発根しやすいと感じている水挿しにも初挑戦しました。

 

これはグリーンネックレスを水挿しにして成功している事例を拝見し、UCHIでも参考にさせていただきました。

後は日陰で様子を見守りたいと思います。

 

それでは少し挿し木用に茎をカットした、ピーチネックレスをご紹介します。

 

 

伸びた茎を挿し木用にカットしたピーチネックレス

ピーチネックレスの茎の長さは、前回の植え替え後と同じ程度の長さ(鉢から垂れ下がり棚の表面辺りになる長さ)に調節しました。

 

 

まだ春の生育期として考えられる期間は約1ヶ月程ありますので、多湿に気を付けながらたっぷり水を与え、日によく当て育てたいと思います。

 

 

前回挿し木は残念な結果になってしまいました。

もう一度新たに仕込んだ、挿し木がうまく根付いてくれることを期待したいと思います。

 

また今後挿し木と水挿しにしたピーチネックレスに変化がありましたら、カットした親株のピーチネックレスの様子も併せてご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

44日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければ、このブログをシェアして頂けると幸いです。