原型がなくなるぐらい徒長した春萌

おはようございます。

今回は、UCHIの「春萌」をご紹介します。

3年ぐらい前にこれも挿し穂として安く入手した春萌です。
春萌は多肉植物の中でも人気の品種で、ぷっくりと葉がとってもかわいいのですが・・・

今回の目次

  • 春萌について
  • 春萌の育て方
  • UCHIの春萌

 

春萌について

春萌(ハルモエ)はセダム属のぷっくりとした葉が特徴でとてもかわいいです。

暑さ寒さともに比較的強く、初心者の方にもオススメの育てやすい人気の多肉植物です。
増やすのも簡単で葉挿しや挿し穂で増やすことができます。

日当たりが悪いと徒長しやすいので、日当たり確保は重要です。
ただし日当たりが悪くても枯れることなく耐え忍んでくれている印象です。

春萌の育て方

日当たり

春萌は日当たりを好みますので、室内で育てる場合は、年中日当たりのよい窓際などがおすすめです。
夏は葉焼けするので、直射日光には注意が必要です。

※春萌は日当たりが少ないとすぐに徒長してしまいます。

水やり

多肉植物ですので基本的には乾かし気味(控えめに)し、春と秋は土が乾いたら少し多め水を与え、夏は乾かし気味に、冬はごく少量を時折与えます。

UCHIの春萌について

UCHIの春萌は日当たりが悪かったのが原因で、かなり徒長してしまいました。

きれいに整えたいのですが、全体的に手入れするには時期的にはよくありません。

しかし、

この横に伸びだた部分は、根元付近から茎が枯れていて、根も新たに出ています。
茎が枯れているのでカットして植え替えても問題ないと思いますのでカットして植えたいと思います。

また一本の茎から赤っぽいきれいな根が生えているますので、その茎をカットしてこちらも植えたいと思います。

今回カットするのは、ピンクの箇所でカットしたいと思います。

では早速作業したいと思います。

 

伸びた茎をカットしました。

カットしたものを植えるように整えました。

長い茎でカットした方は上の部分をさらにカットして、一部を葉挿しにします。

 

他の多肉植物の落ちた葉

などと同じ場所で乾かしながら発根、発芽するまでこのまま置いておきます。

カットした根がでている子株みたいな方は、根が機能していると思いますので、乾かしてから土に植えました。

余っていた小さな鉢に植えました。とってもかわいいです。大きくなるのが楽しみです。

 

最後に親株(元株)の方です。

徒長しているのと、鉢のデザインが和風なので、盆栽のような雰囲気です。

 

春萌はこれで冬を越そうと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。