春を迎え明確な生長がうかがえる桃太郎と釣鐘型の花

こんにちは。

今回は、春を迎え明確な生長がうかがえるエケベリア属の多肉植物「桃太郎」と、その桃太郎の1株が、色鮮やかな釣鐘型の花を付けたので、その様子をご紹介します。

UCHIの桃太郎は去年の株分け後に、置き場所の問題からか、葉がだらんと外向きになり、魅力的な姿とは違った株姿にしてしまいました。

その後、置き場所を別の場所に移した株と、そのまま育てた株では株姿が違い、その経験から屋外(軒下)に全ての株を移しました。

するとそれぞれの株は、徐々に株姿に改善がみられるようになり、また春を迎えた今では、明確な生長すら感じれるまでになりました。

またその中でも、花を付けてくれた株があり、その色鮮やかな花は人を魅了します。

そして気づけば桃太郎はこの春でUCHIで丸1年を過ごしたことになり、その色鮮やかな釣鐘型の花の様子と併せて、2年目を迎えたそれぞれの桃太郎の生長の様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIの桃太郎
  • 小さな桃太郎の株姿を整える
  • 桃太郎の色鮮やかな釣鐘型の花
  • それぞれの桃太郎

 

UCHIの桃太郎

UCHIの桃太郎は2020年2月9日に、葉が立ち上がり、少し株姿がよくなり始めた様子をご紹介しました。

 

このご紹介から2ヶ月半が経ち、春を迎えた桃太郎には生長の様子がうかがえます。

また大きな株のうち、1株は綺麗な釣鐘型の花を付けてくれました。

そして冒頭でもお伝えしましたが、この春を迎えたことで、桃太郎はUCHIで丸1年を過ごしたことになります。

 

そこでまずは桃太郎の前回の様子とは違う、生長した様子をご紹介します。

 

 

こちらが明確な生長がうかがえる、UCHIの桃太郎です。

前回のご紹介では、側面からの様子では、外側の葉で内側の葉は見て取れませんでしたが、今では内側の葉が生長して大きくなり、その存在を示しています。

 

 

こちらが斜め上からの様子ですが、桃太郎は以前よりきれいなロゼット状の姿をしています。

 

 

そして桃太郎の生長した様子は、この小さな株からもうかがえます。

この小さな株も前回のご紹介時と比較すると、一目瞭然に葉の大きさや厚みが違うことがわかります。

※この桃太郎は小さなアイボリー系に仕上げた鉢に植えていますが、塗装の一部が剥げてしまっています。

 

そこでまずは、この株をより良い株姿に整えるため、簡単なお手入れをしたいと思います。

 

 

小さな桃太郎の株姿を整える

それではこちらの小さな桃太郎の株姿を整えたいと思います。

作業は簡単で、開いたようになった下葉を取り除きたいと思います。

 

 

このように6枚の下葉を取り除きました。

この葉は葉挿しにすれば、また桃太郎を増やすことに使えます。

 

 

因みにこちらが以前葉挿しにした桃太郎です。

もう元となる古い葉は、完全に枯れて取り除いていますが、ここまで生長すればしっかりと根付いていると思いますので、たっぷりと春の日に当てて大きく生長させたいと思います。

 

 

そして下葉を取り除いた小さな桃太郎は、茎がむき出しになりましたので、この茎の部分を覆うように新しい土を足します。

 

それでは次に、桃太郎の咲かせた、色鮮やかな釣鐘型の花をご紹介します。

 

 

桃太郎の色鮮やかな釣鐘型の花

こちらが花茎を伸ばし、釣鐘型の花を付けた桃太郎です。

 

 

こちらの桃太郎も、先ほどご紹介した桃太郎同様に、以前はまだ小さかった中央の葉が大きく生長して、凛と立ち上がっている様子がうかがえます。

 

 

そしてこちらが桃太郎の釣鐘型の花の様子です。

UCHIでは桃太郎の花を見るのは今回が初めてで、比較的小さめの釣鐘型の花をたくさん付けるようです。

その釣鐘型の花は、外側から見ると鮮やかなピンク系の色合いをしています。

 

 

全ての花が開いた状態をご紹介したかったのですが、そううまくいくかはわかりません。

また釣鐘型の花は、開く直前の姿もかわいいので、今のタイミングでご紹介しました。

 

 

こちらが花の内側で、少し離れた場所からでは黄色系の色合いに見えますが、より近くで見ると、オレンジ系の色合いということがわかります。

 

 

そしてこちらがご紹介したかった、釣鐘型の花が開く直前の姿で、あと数日で開きそうなこの姿がとても好きです。

 

 

また、このまだ開くまでに時間がかかりそうな花は、色合いからまるでイチゴのような印象です。

 

最後に先ほど作業した、株姿を整えた小さな桃太郎と、それぞれの桃太郎の様子をご紹介します。

 

 

それぞれの桃太郎

UCHIで1年を無事過ごしてくれた桃太郎は、去年迎えた時より葉は小さめですが、ようやくそれなりに育てるポイントをつかめた気がします。

そしてこの株は今春、花を付けていませんので、おそらく活力を温存していると思います。

そこで心地よい春の日にたっぷり当て、その活力を春の生育期に目いっぱい使ってもらい、どの株よりもしっかりとした株へ育てたいと思います。

 

 

そしてこちらの小さめの株は、下葉を取り除き株姿を整えましたので、むき出た茎を覆うように、赤玉土を足して仕上げました。

 

 

この小さな株は葉の厚みなどもまずまずの様子ですので、このままのかわいい株姿をできるだけ維持したいと思います。

 

 

そして色鮮やかな釣鐘型の花を付けてくれた桃太郎。

また来年もこのような花を見せてもらえるように、大切に育てたいと思います。

 

 

子株を除いてUCHIで育てている3株の桃太郎は、1年を無事過ごし、それぞれの新たな生長した姿を見せてくれています。

株分け後の夏は、葉が開き特にひどい状態でしたが、とにかく我慢してくれた桃太郎には教えられるものがあります。

 

また情報の正確性は未だにわかりませんが、多肉植物は花を咲かせると株が弱るといった情報もあり、UCHIでも多肉植物が花を付けたら、早々に花茎から取り除くようにしています。

こういったことから、タイミングを見て花は取り除くつもりですが、折角咲かせてくれた花ですので、この綺麗な桃太郎の花をもう少しだけ楽しみたいと思います。

 

今回ご紹介した桃太郎の基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去の桃太郎の様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。