静穏を守るポトス・ステータス

こんにちは。

今回は、去年の秋に購入した静穏な「ポトス・ステータス」をご紹介します。

ポトス・ステータスは「最も美しくゴージャスなポトス」とラベルに記載されてあるとうり、独特のウェーブがとてもゴージャスな印象を与えとくれます。
またポトスはかなり強靭な印象ですが、ポトス・ステータスもやはり強いという印象を受けています。

今回の目次

  • UCHIのポトス・ステータス
  • ポトス・ステータスの育て方

 

UCHIのポトス・ステータス

UCHIのポトス・ステータスを初めてご紹介したのは、2018年10月8日で約4ヶ月前です。

 

 

このご紹介した頃からほとんど見た目が変わっていないです。
すごく静かに自分のペースを維持してとてもゆっくり生長していると感じます。

 

 

置き場所はリビングですが、日当たりはあまりよくありません。しかし室内としては明るい場所に置き育てています。

 

 

冬でも特徴の特別感はかわりなく、そしてとても強靭です。
それは、購入後葉の変色もなく、まるで造花のように葉の色艶の状態も維持しています。

 

アイビーもとても強靭だと思います。

 

まだ約4ヶ月しか育てていませんが、ポトス・ステータスは抜群の安定感があると感じます。

 

 

唯一の変化は、この茎が元は上向きだったのが、少し生長したのか下向きに垂れさがる感じになりました。

 

 

この品種の特徴のひとつで、葉の丸みがとてもキレイなこどがポトス・ステータスの魅力です。

 

 

また、ポトス・ステータスのもうひとつの特徴の独特のウェーブした葉が、他のポトスとは違うオーラを放ちます。

 

こんな魅力的なポトス・ステータスの育て方をご紹介します。

 

ポトス・ステータスの育て方

室内の明るい場所を好みます。日当たりの悪い場所や日陰でも育てることは可能です。

 

日当たり

基本的には明るい室内などが最適です。

しかし耐陰性もがあります。
もし日当たりが悪い室内の場合は、時頼明るい場所で日に当ててあげることで、葉の色や班をきれいに保ち、株を元気に育てられます。

 

水やり

春から秋はほぼ毎日水を与えるようにします。
冬は控えめに与え、葉水などで水分を補います。

UCHIでは冬は10日に一度ぐらいで少な目に与えています。

 

冬越し

ポトスは室内なら気温5℃以上であれば特に問題がないので、ポトス・ステータスも同様に対応しています。

 

以前ご紹介しました、ポトスはもちろん強靭な観葉植物ですが、

 

ポトス・エンジョイからの選抜品種のポトス・ステータスも強靭で室内の観葉植物としては最高の植物だと思います。

また今後ポトス・ステータス生長の様子をお伝えしたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。