少しスカスカのベンジャミン

こんにちは。

今回は、UCHIの「ベンジャミン」をご紹介します。

ベンジャミンは2018年9月25日にご紹介し、それから約4ヶ月程経ちますが、現在ほとんど変わりなく春を待ち望んでいます。
冬に観葉植物が変わりない状態を維持できているというのは環境(置き場所)に適し、管理が適切なのかと少し心地よい気持ちを感じれるようになりました。

今回の目次

  • ベンジャミンについて
  • ベンジャミンの育て方
  • UCHIのベンジャミン

 

ベンジャミンについて

ベンジャミンは言わずと知れた人気の観葉植物で、丈夫で育てやすく初心者の方にもオススメのです。

丈夫なベンジャミンですが、屋外で育てられていたベンジャミンを、急に室内へ移動させた場合などは、環境の変化により「葉」が落ちたりすることがあります。
これはベンジャミンがその環境に慣れていないためで、馴化(新しい環境に慣れる)することで徐々に回復してきます。

 

またとても生命力が強く、結構ひどく枯らしても根気よく適切に水を与えれば、生長期に新し葉が生え復活してくれる場合もあります。
実際UCHIも適切な管理方法がわからなかった頃は、3度ほど枯らしてしまいましたが元気な状態に戻ってくれました。

 

ベンジャミンはきれいに剪定して外観を保つことも元気に育てるポイントになりそうです。
しっかり手入れしてあげることで外観だけではなく、風通しもよくなり病害虫予防にもなるようです。

ここで前回ご紹介していなかった「ベンジャミンの育て方」をご紹介します。

 

ベンジャミンの育て方

ベンジャミンは日当たりを好みますが、耐陰性もあります。
生長期はたっぷり水を与え、葉水もこまめにしてあげます。

 

日当たり

年中窓際などの日当たりのよい場所が最適です。
耐陰性もあるので日が当たりにくい場所でも育てることができますが、時々日の当たる場所で日光浴をさせてあげるのが日の当たりにくい場所で元気に育てるポイントになります。

 

水やり

春から秋は土の表面が乾いたらたっぷり水を与え、冬は乾かし気味にして時折湿らす程度に与えます。
ただし室内などで土が乾きにくい環境では与え過ぎないよう調節して与えるようにします。

またベンジャミンは葉水を好むので、病害虫予防にも葉水は有効です。
UCHIでは2、3日に一度葉水しています。

 

肥料

春から秋に緩効性肥料かけ月に一度または2ヶ月に一度与えます。

 

冬越し

室内なら5℃以上あれば無難に冬越しできます。

 

UCHIのベンジャミン

UCHIのベンジャミンは2018年9月25日に初めてご紹介させてもらっています。

 

今回は撮影している向きが違うので若干依然と違うように感じますが、ほとんど変わりなく過ごしています。

撮影のため少し元の場所からずらしましたが、リビングの窓際のレースカーテンで遮光された光が当たる最高の位置にベンジャミンは置いてあります。
しかしショップなどで売られているものと比較するとかなり葉がすくないというかスカスカのような気がします。

 

 

比較的きれいな葉の状態を保ててます。

 

 

このピンクのラインに沿ってきれいに剪定したいのですが、なかなか技術が必要です。
過去に2回ほど剪定しましたがガタガタになって失敗しています。

 

 

全体的に葉が少なくスカスカな様子ですが、より葉が少ない部分がこのようにあります。
またこのカラカラになったような枝はもう葉が生えないと思います、また見た目もよくありませんので除去して問題ないです。

 

 

このように枯れてしまった葉や変色した葉もあるのが現実です。

 

 

新芽が次々と我先にと出てきています。

 

 

ベンジャミンはほこりが付きやすいので今回は多めに葉水してあげました。
たっぷりと葉水すると室内ならフローリング(床)が濡れてしまうのが難点ですが、せっかくの機会なので、この後ほこりなどをきれいにふき取ってあげました。

新芽がしっかりときれいな葉になるであろう春に剪定したいと思います。
その時は作業の様子をお伝えしたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子