トプシーターヴィーをリメ鉢へ植え替え

おはようございます。

今回は、以前ご紹介しましたエケベリア属の多肉植物「トプシーターヴィー」のその後の様子と、先日作ったリメ鉢に植え替えをしましたので、その様子をご紹介をしたいと思います。

トプシーターヴィーの状態としては、ほぼ断水状態を維持しています。断水していることで、葉は少しシワシワになり、3枚ほどの葉が枯れてしまっています。

今回の目次

  • UCHIのトプシーターヴィー
  • トプシーターヴィーの植え替え
  • 植え替えたトプシーターヴィー
  • トプシーターヴィーの冬越し

 

UCHIのトプシーターヴィー

UCHIのトプシーターヴィーは、2018年12月27日にご紹介しました。

 

現在は寒い冬の真っ最中なので、土は乾いた状態を保っています。
しかし全体的には元気そうです。

 

こちらが現在のトプシーターヴィーの状態です。
断水状態だったので少し葉はしわしわの状態で、3枚の葉が枯れてしまっています。
この枯れた葉は植え替え前に除去します。

 

植え替え前の確認として、簡単に株ごと土も持ち上げることが確認出来ています。

それでは早速、制作したリメ鉢にトプシーターヴィーの状態もいいので植え替えたいと思います。

 

 

トプシーターヴィーの植え替え

制作したばかりの白に塗った素焼きの鉢に植え替えたいと思います。

 

 

カラカラの枯れた葉ですが、今回は丁寧に手で取り除くことができました。
必要に応じてピンセットなどを使う方が株に傷をつけないで作業ができると思います。

 

 

作業はいつものようにそんなに難しくはありません。
このようにプラスチックの鉢から土ごと持ち上げ植え替えます。

 

 

白に色を付けた素焼きの鉢に土を軽く入れトプシーターヴィーを土ごと鉢へ移しました。
作業はこれで完成です。

 

植え替えたトプシーターヴィー

植え方たトプシーターヴィーをご紹介します。

 

いい感じに仕上がりました。

 

 

しばらく水を与えていませんでしたので、葉もシワシワになっていることから、今回は霧吹きで土の表面を湿らす程度に水も与えました。

 

 

制作した白の素焼きの鉢とトプシーターヴィーの色合いはいい感じにマッチしています。

 

 

このような感じで他の多肉植物も植え替え、楽しみながら生長させていきたいと思います。

 

トプシーターヴィーの冬越し

以前もご紹介しましたが、トプシーターヴィーは若干寒さには強いようですが、冬は最低3℃以上の室内の日当たりのよい場所で管理するのが、無難に冬越しできるようです。

水の管理は方法としては、多少葉がシワシワになったり枯れたりすると思いますが、UCHIでも基本的に水は控え、月に一度程度土を湿らす程度に与え、冬越しをしています。

 

 

今回は簡単な作業でしたが、今後引き続きトプシーターヴィーの生長の様子もお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。