長く伸びた茎につく小さな葉がかわいいオンコクラータ

おはようございます。

今回は、長く伸びた茎につく小さな葉がかわいいユーフォルビア属の夏型の多肉植物「オンコクラータ」をご紹介します。

オンコクラータはそのユニークな棒状のカタチが特徴で、最近よく雑貨屋さんでアンティーク系のオシャレな鉢に植えられ販売されているのをよく見かける多肉植物です。

乾燥に強く比較的育てやすい品種なので人気もあり、夏型なのでこれから購入して育てるのに最適なオンコクラータをご紹介します。

今回の目次

  • オンコクラータについて
  • オンコクラータの育て方
  • UCHIのオンコクラータ

 

オンコクラータについて

オンコクラータはユーフォルビア属の夏型の多肉植物で、棒状のユニークカタチをしていて育てやすく人気のある品種です。

 

棒状のカタチの多肉植物はUCHIでもフォロトシア属の「グランディフローラム」や、

 

サルコステンマ属の「ソコトラナム」を育てています。

 

しかしオンコクラータはこの二つの棒状の多肉植物とはひとつ違った特徴を持っています。

それは葉があるいうことで、その葉はとても小くオンコクラータの長く伸びた茎のカタチと合わさって独特の雰囲気がありとてもかわいいです。

 

まずはそんなオンコクラータの育て方をご紹介します。

 

 

オンコクラータの育て方

乾燥に水は控え気味に管理し、強い日差しは避け優しい日が当たる場所を好みます。

 

日当たり

直射日光や強い日差しは避け、年中柔らかな遮光されたような日が当たり、風通しのよい場所が最適です。

 

水やり

基本的には乾燥気味に管理して、春から秋は土が乾いたら水を与え、冬は時折湿らす程度に与えます。

 

肥料

春から秋にかけての月に一度に薄めた液体肥料を少量与えます。

 

夏越し

直射日光は避け、水やりを夕方など涼しい時間に与えるようにします。

 

冬越し

オンコクラータは寒さはが苦手ですが、室内なら無難に冬越しできます。

 

増やし方

春から秋に挿し木や株分けで増やせます。

 

 

UCHIのオンコクラータ

購入したUCHIのオンコクラータは茎もしっかりと長く伸びて、立派に育てられた堂々とした姿をしています。

 

 

オンコクラータの葉とても小さくかわいいです。

何故かこの葉のかわいさに魅力を感じます。

 

 

オンコクラータ茎が折れると表面が白っぽくなり、その付近から新たにわき芽が出て、またそれがしっかりとした茎になり上へと生長を始めるようです。

 

 

オンコクラータの葉が落ちると、このような赤茶色跡が残るようですが、茎が生長して長くなるにつれ、この赤茶色跡もかなり小さくなるようです。

 

 

オンコクラータはどこか民族系の人形がバンザイをしたような姿にも見えます。

 

 

オンコクラータはこの茎をカットして、染み出す白の乳液のようなものをふき取るかまたは洗い流し挿し木にすることで増やすことができるようですので、植え替えの際に挿し木にも挑戦したいと考えています。

近日中にオンコクラータの植え替えをしたと考えていますので、またその様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。